ミミズ(蚯蚓)

【かぎけんWEB】
ミミズは、環形動物門貧毛綱の無脊椎動物です。
別名:Earthworm(アースワーム)

ミミズ ミミズ ミミズ ミミズ ミミズ

ミミズ(蚯蚓)は、動物界環形動物門貧毛綱の無脊椎動物です。 世界中におり、長さの長短や、生息場所(土壌や水中)、剛毛の密度により異なりますが、 日本には200種類程いると言われます。
体形は、口〜肛門まで一直線の細長い円筒形をしており、多数の環節(体節)があります、体長はフトミミズ科が10〜20cm、 ツリミミズ科は6〜10cmです。体色は主に褐色をしています。 手足がないので全身で匍匐前進します。行動は夜間に行います。 通常見られるミミズは、ナガミミズ目のフトミミズ科とツリミミズ科です。 生息分布は、北海道や寒冷地ではツリミミズ科が多く、 西日本や温かい場所ではフトミミズ科が多く繁殖します。
また、環境からみると、フトミミズ科は庭でみられやや温かい場所が好きで全身に剛毛が生えます。 ツリミミズ科はやや寒い所が好きで剛毛は腹部にのみ生えます。 ツリミミズ科の仲間には、堆肥中にいるシマミミズや枯葉の下にいるツリミミズなどがいます。 皮膚呼吸を行います。 繁殖は産卵で行い、雌雄同体ですが、もう一匹の雄と交尾して産卵します。 一般名:ミミズ(蚯蚓)
学名(属種名): Eisenia foetida
別名:Earthworm(アースワーム)
分類名:動物界環形動物門貧毛綱
生息分布:世界中、日本では北海道や寒冷地ではツリミミズ科のミミズが多く、 西日本等の暖地ではフトミミズ科のミミズが多い。
環境:陸性型と淡水型
体形:口〜肛門までの細長い円筒形、環節(体節)が多数あり 体長:10〜20cm(フトミミズ科)  体色:主に褐色 行動:夜間 剛毛:全身にある(フトミミズ科)、腹面部にある(ツリミミズ科) 呼吸:皮膚呼吸  繁殖:産卵 雌雄同体だが他の個体の雄と交尾する必要あり 

●ナガミミズ目フトミミズ科やや温かい所が好き、全身毛深い、体長10〜20cm、直径:0.5cm〜、寿命:1年
 ハタケミミズ(学名:Metaphire agrestis←旧:Pheretima agrestis、フトミミズ属)
    −畑の下層土

●ナガミミズ目ツリミミズ科やや寒い所が好きで、毛は一部、体長6〜10cm、直径:0.5cm、寿命:2年
 ・シマミミズ(学名:Eisenia fetida、シマミミズ属)
  −野菜屑などの堆肥の下。体長5〜10cm、体色:赤、用途:川釣りの餌、生ごみ分解。
 ・カッショクツリミミズ(Allolobophora caliginosa、ツリミミズ属)
    −庭の表層土、体長15cm

■関連ページ
ミミズ(蚯蚓)  城ヶ崎釣り(2009年10月31日)  無脊椎図鑑  麹町便り  memo 


●城ヶ海岸

ミミズ
ミミズ
城ヶ海岸、2009年10月31日

ミミズ ミミズ ミミズ ミミズ
ミミズ
高尾山(2010年11月14日)