ツキノワグマ(月の輪熊)

【かぎけんWEB】
ツキノワグマはクマ目クマ科クマ属の動物です。
胸に月模様のある日本の熊

月の輪熊 月の輪熊 月の輪熊 月の輪熊 月の輪熊剥製 月の輪熊剥製 熊肉大和煮 熊肉 くまモン

ツキノワグマ(月の輪熊)とは、日本の本州〜四国に生息するクマ目クマ科クマ属ツキノワグマ種の野生動物です。
体毛は黒く、胸に白い月のような模様があるのが特徴です。
頭や牙、胆嚢が大きく、爪は鋭く熊手状、目や耳は小さい。 行動は夜行性で、食性は果実、樹皮、昆虫、小動物、草食獣食、死体などを食べる雑食性です。
繁殖は胎生で行います。 木の実などの食料がなくなると里山や人里に出現し危害与える害獣なので駆除され、絶滅危惧種とされています。

ツキノワグマと蝦夷ヒグマ
ツキノワグマは本州に生息し胸につき模様があるのが特徴です。 蝦夷ヒグマはツキノワグマより大きく、北海道に生息します。蝦夷ヒグマは体の大きさや強さから地上最強の肉食獣と言われます。

一般名:ツキノワグマ(月の輪熊)
学名:Ursus thibetanus japonicus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱食肉目(ネコ目)クマ科クマ属ツキノワグマ種ニホンツキノワグマ亜種
別名:ニホンツキノワグマ、Moon bear(ムーンベアー)、アジアクロクマ
分布:本州〜四国 生息地:森林
体長:150cm 体重:100kg 体毛:黒 胸に白い月形  頭:大 牙:大 胆嚢:大 爪:熊手状 目:小 耳:小  行動:夜行性  食べ物:果実、樹皮、昆虫、小動物、草食獣食、死体などを食べる雑食性  繁殖方法:胎生  備考:絶滅危惧種

■関連ページ
ツキノワグマ(月の輪熊)  野毛山動物園(2011年2月20日)  室堂(2014年7月19日)  動物図鑑 


●ツキノワグマ(月の輪熊)

月の輪熊 月の輪熊 月の輪熊 月の輪熊
ツキノワグマ(月の輪熊)
野毛山動物園、2011年2月20日)


●ツキノワグマ(月の輪熊)剥製

月の輪熊剥製 月の輪熊剥製
ツキノワグマ(月の輪熊)はく製 ガラスに反射して見え難いですね。
扇沢駅、2014年7月19日


熊の大和煮

熊肉 熊肉 熊肉大和煮
熊の大和煮
北海道土産ですが、蝦夷ヒグマは天然記念物なので使えず、狩猟できるツキノワグマの肉が使われます。
aki北海道土産、2014年9月4日


●くまモン

くまモン
ご存じ熊本県キャラ「くまモン」
2013年2月5日〜6日Aki