カモメ属の鳥

【かぎけんWEB】
カモメとはチドリ目カモメ科カモメ属の鳥です。
足色はユリカモメは赤、ミツユビカモメは黒なのですが、判別が難しいです。

オオセグロカモメ(大背黒鴎)
オオセグロカモメ(大背黒鴎)

田中磯 田中磯
田中磯のカモメ(鴎)

カモメ(鴎) カモメ(鴎) カモメ(鴎)
カモメ(鴎)

カモメ幼鳥 カモメ幼鳥
カモメ幼鳥


●ミツユビカモメ成鳥の冬羽

ミツユビカモメ ミツユビカモメ ミツユビカモメ


●鴎の卵(但し、お菓子です)

鴎の卵 鴎の卵
鴎の卵


カモメ とは、チドリ目カモメ科カモメ属の海鳥です。 カモメ属の中では中型で、体表色は白〜薄茶、背と翼色が灰茶色で、 嘴はピンク地で先端は黒い。 幼鳥は体表色が灰色で、羽色は茶色です。 ウミネコと似ていますが、カモメは、  ウミネコ(海猫)  より少し小さく、 ウミネコの尾には黒帯があるのに対し、カモメは白い。
カモメ属の鳥には、オオセグロカモメ(大背黒鴎) や セグロカモメ(背黒鴎)、ミツユビカモメがいますが、 成鳥の冬羽は、嘴が黄色で、脚が黒で判別が難しいです。

一般名:カモメ(鴎)
学名:Larus canus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱チドリ目カモメ科カモメ属
生息分布:日本、ユーラシア大陸、アフリカ大陸など 環境:海岸
別名:Common Gull(コモンガル)
全長:43cm 翼開長:120cm 体表色:薄茶(冬羽)、白(夏羽) 背色:灰茶  翼色:灰 幼鳥:茶色 脚・水掻色:灰桃色  食性:魚類、生ごミなどを食べる雑食性  繁殖方法:卵生 

一般名:オオセグロカモメ(大背黒鴎)
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱チドリ目カモメ科
嘴色:黄色に赤斑 足色:ピンク
備考:冬鳥、セグロカモメより背と翼上の色が黒っぽい

一般名:セグロカモメ(背黒鴎)
学名:Larus argentatus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱チドリ目カモメ科
環境:海岸、河川
全長:60cm 
嘴色:黄色に赤斑 足色:ピンク
備考:冬鳥、オオセグロカモメより背と翼上の色が薄灰色

■関連ページ
カモメ(鴎)  ウミネコ(海猫)  ユリカモメ(百合鴎)  鳥図鑑  デザート図鑑  城ヶ崎釣り(2009年11月1日)  城ヶ崎釣り(2009年3月29日))  城ヶ崎釣り(2009年2月28日)  城ヶ島(2008年8月3日)  田中磯、2008年3月2日  講習会と鴎の卵(2013年10月18日)  鳥・トリ・とり 



●カモメ属の鳥


田中磯
田中磯

カモメ
田中磯で、2008年3月2日


カモメ(鴎)
カモメ(鴎)

カモメ属の鳥
三浦半島城ヶ島灘ヶ崎で、2008年8月3日

●釣り針にかかったカモメ


カモメ(鴎)

カモメ属の鳥
城ヶ崎で、2009年11月1日


カモメ属の鳥に釣り針がかかってしまいました。 鳥が撒き餌のオキアミを狙って飛んできます。不幸なことに、釣り針が鳥足にかかってしまい 除針後、放鳥。仲間と元気に飛んで行きました。針を外している際に、「あむっ」と 噛まれてしまいました。「いてっ!」上空では仲間の鳥が心配そうに見守っていました。 あの群れが襲ってきたら、ヒッチコックの映画「鳥」みたいになるかもしれません。


カモメ幼鳥
カモメ幼鳥

カモメ属の鳥 幼鳥
城ヶ崎海岸、2009年2月28日
釣りをしているとよく飛んできます。撒き餌のナンキョクオキアミが目的のようです。

城ヶ崎釣り(2009年2月28日)
鴎を見た場所


●ミツユビカモメ成鳥の冬羽

ミツユビカモメ
ミツユビカモメ
ミツユビカモメ

ミツユビカモメの成鳥冬羽
冬、黄色い嘴で、黒い脚
城ヶ崎海岸で、2009年3月29日

城ヶ崎釣り(2009年3月29日)
ミツユビカモメを見た海