サワラ(鰆)

【かぎけんWEB】
サワラとはスズキ目サバ科サワラ属の海水魚です。 出世魚でサゴシ→ヤナギ)→サワラと名前が変わります。
別名:ホンサワラ、Japanese Spanish mackerel

荷姿 サゴシ サゴシ サゴシ サゴシ塩焼き 鰆 サワラ サワラ 鰆塩焼き 蓋物−鰆と芹の酒煮(菜の花、タラの芽) サワラ西京漬け 生鰆のみりん焼き 鰆刺身

サワラ(鰆) とは、スズキ目サバ科サワラ属の海水魚です。
体長は100cm以上となる大型魚ですが、体高が低いので体形は細長いです。
体色は背側は青灰色地で縦に灰色丸斑が不規則に並び、腹側は銀白色をしています。
食性は鰯などの小魚を食べる動物食性です。
繁殖方法は卵生で、産卵期は春〜初夏です。寿命は6〜8年と言われます。

名前の由来
春に産卵で沿岸に来るため、春を告げる魚という漢字を書いて鰆と読みます。

出世魚
出世魚で成長毎に呼び名が、サゴシ(〜50cm)→ヤナギ(50〜70cm)→サワラ(鰆、70cm以上)のように変わります。

旬と料理
旬は冬といわれ、鮮度の良いものは刺身で、よく食べられるのが西京漬けや祐庵焼き、 塩焼きですが、唐揚や酢の物、吸い物にしても美味しいです。

一般名:サワラ(鰆)
学名:Scomberomorus niphonius
別名:ホンサワラ、Japanese Spanish mackerel
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱スズキ目サバ科サワラ属
分布:北海道〜九州のニホン 環境:
体長:100cm以上 体重:10Kg 体形:細長い 
体色:青灰色地で縦に灰色丸斑が不規則に並ぶ(背)、銀白色(腹) 
食べ物:鰯などの小魚を食べる肉食性 旬:冬 
料理方法:刺身、西京漬け、祐庵焼き、塩焼き、唐揚、酢の物、吸い物 
繁殖方法:卵生 産卵期:春〜初夏 寿命:6〜8年
特記:歯が鋭い、浮き袋が無い、

■関連ページ
サワラ(鰆)  akiiバースディPre-aki(2010年11月11日)  memo(2012年11月7日)  NASPA(2012年2月5日)  海水魚図鑑  食べ物図鑑  memo 


サゴシ1本

荷姿 サゴシ サゴシ
サゴシ
浜坂港より、2016年6月18日


サゴシ切り身と塩焼き

サゴシ
生サゴシ

サゴシ塩焼き

サゴシ塩焼き
宮城県産サゴシ、2012年11月7日

サワラ

鰆 サワラ サワラ 鰆塩焼き
サワラ
2014年4月23日

サワラ料理

鰆刺身
鰆刺身

刺身5品盛り

鰆入り刺身5品盛り
新年会、2014年1月30日


サワラ

サワラ(鰆)西京漬け
2010年11月11日、by watanabe


蓋物−鰆と芹の酒煮(菜の花、タラの芽)

蓋物−鰆と芹の酒煮(菜の花、タラの芽)
NASPAで、2012年2月5日

生鰆のみりん焼き
生鰆のみりん焼き
2014年1月14日