ヘラオオバコ(箆大葉子)

【かぎけんWEB】
ヘラオオバコとはオオバコ科オオバコ属の野草で子供の頃に遊んだ記憶があります。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:イギリスオオバコ(イギリス箆大葉子)、Buckhorn plantain、Ribgrass、Ribwort、English plantain、Common plantain

ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ(箆大葉子)

ヘラオオバコ(箆大葉子)は、夏に野原や空き地でよく見かけるオオバコ科オオバコ属の多年性の雑草で、欧州からの帰化植物です。 葉は全て根生葉(根元に生える葉)で、ヘラ状で細長い形をしています。 春〜夏、茎先端につける花穂は穂状花序で白花が下から上へ順に咲き上がります。 仲間にオオバコ(大葉子)があります。

一般名:ヘラオオバコ(箆大葉子)
学名:Plantago lanceolata(プランターゴ)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱オオバコ目オオバコ科オオバコ属ヘラオオバコ種
別名:イギリスオオバコ(イギリス箆大葉子)、Buckhorn plantain、 Ribgrass、Ribwort、English plantain、Common plantain
原産地:欧州
生活型:多年草、外来種、雑草  草丈:30〜50cm 花序形:円柱状の穂状花序  葉長:20cm 葉形:細長くヘラ状で全て根生葉(根元に生える葉)  葉縁:短い波状の鋸歯  花序長:30cm 花序径:1cm 開花期:春〜夏  花色:白 繁殖生態:両生花 

■関連ページ
ヘラオオバコ(箆大葉子)  葛西臨海公園(2011年5月8日)  ハ行の花図鑑  野草図鑑 


●ヘラオオバコ


ヘラオオバコ
白い雄シベが下から順に咲き上がる様子です。

ヘラオオバコ
ヘラオオバコ
ヘラオオバコ

咲き終わった後はトウモロコシの食べかすみたいですね。

ヘラオオバコ
葉っぱは全て根生葉で茎の根元にヘラ状のものがあるだけ。
ピンクの小花はアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)です。
ヘラオオバコ(箆大葉子)
葛西臨海公園(2011年5月8日)


ヘラオオバコ(箆大葉子)
ヘラオオバコ(箆大葉子)
ヘラオオバコ(箆大葉子)