ホウキギ(箒木)

【かぎけんWEB】
ホウキギとは、果実はトンブリに枝や茎は箒になるナデシコ目ヒユ科バッシア属ホウキギ種の一年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:コキア(Kochia)、ホウキグサ(箒草)、トンブリ(果実)

コキア ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) トンプリ トンブリ入り納豆ご飯

ホウキギ(箒木)とは、春や夏は緑色をしていて、秋に紅葉するヒユ科バッシア属ホウキギ種の非耐寒・耐塩性の一年草です。茎や枝が赤く色づいて枯れたものが、箒とされます。果実はトンブリとなり、「畑のキャビア」とも謳われる秋田の名産品です。
トンブリの作り方は、ホウキギが熟したら刈り取って脱穀し水洗乾燥させて10月頃に出荷します。トンブリそのものに味が無いので醤油を垂らすなどして食べます。トンブリには、強壮、利尿に効果があるとされます。

一般名:ホウキギ(箒木)
学名:Bassia scoparia
別名:コキア(Kochia)、ホウキグサ(箒草)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目ヒユ科バッシア属ホウキギ種
原産地:南欧、アジア
生活型:非耐寒性一年草 環境:塩湿地
草丈:30〜70cm  観賞期:5〜11月 葉色:緑→赤(秋に紅葉)  果実効用:強壮、利尿

■関連ページ
ホウキギ(箒木)  2007年10月(萩)  2006年10月(旭川)  花暦2006年  花暦  薬草図鑑  野草図鑑  花図鑑  ハ行の花図鑑  食べ物図鑑  麹町便り  memo 


ホウキギ

コキア
コキア
2015年7月19日、那智勝浦

ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木)
ホウキギ(箒木)
花人街道(かんのファーム、上富良野、旭川、北海道)、2006年10月8日

ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木)
ホウキギ(箒木)
2007年10月6日、萩で 影

ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木) ホウキギ(箒木)
ホウキギ(箒木)
丸いのは果実でトンブリの材料となります。

トンプリ
ホウキギ(箒木)の実−トンブリ
醤油をかけて食べます。実は味が殆ど無く、触感はプチプチしたカニ子のようです。
2011年12月4日

トンブリ入り納豆ご飯
トンブリ入り納豆ご飯
2011年12月6日