ジュウリョウ(十両)

【かぎけんWEB】
ジュウリョウとは、藪内に自生するヤブコウジ科ヤブコウジ属の低木です。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:ヤブコウジ(薮柑子)

ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両)

ジュウリョウ(十両)は、日本、中国、朝鮮等の東アジア原産でヤブコウジ科ヤブコウジ属の耐寒性常緑小低木です。 藪の中で自生し、樹高は低く、茎は直立し枝分かれせず、根を伸ばし群生します。 葉は緑色で光沢があり、葉縁に細かい鋸歯があり、3〜4枚が輪生して茎先につきます。 葉は、蜜柑=柑子(こうじ)の葉に似ていることから、別名でヤブコウジ(薮柑子)とも呼ばれます 初夏、葉脇から伸びた散形花序に白い小花を下向きに咲かせます。
花後の冬に、小球形の可愛い赤い果実をつけます。 果実は11月頃〜翌年まで落下しない為、縁起が良い植物とされ、正月の寄席植えに使われます。 用途は、庭木や、鉢植えとされます。
マンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ、ジュウリョウのように旧貨幣名がついているのは、果実の多さや樹高の高さを基準にしています。
果実が、多い→少ない順に、マンリョウ(万両、学名:Ardisia crenata)、センリョウ(千両、学名:Chloranthus glaber)、ヒャクリョウ(百両、学名:Ardisia crispa)、ジュウリョウ(十両、学名:Ardisia japonica )となります。 その内、センリョウはセンリョウ科で、その他は、ヤブコウジ科の植物です。

一般名:ジュウリョウ(十両)
学名:Ardisia japonica
別名:ヤブコウジ(薮柑子)
分類名:ヤブコウジ科ヤブコウジ属
原産地:日本、中国、朝鮮等の東アジア 
樹高:10〜20cm  葉色:緑 葉縁:細かい鋸歯 葉のつき方:互生  開花期:6〜8月 花径:0.8cm 花色:白 葉身長:7〜15cm  果実色:赤 果実径:0.5〜1cm 観賞期:11〜翌年5月 

■旧貨幣のつく花木
マンリョウ(万両)センリョウ(千両)ヒャクリョウ(百両、カタラチバナ、唐橘)ジュウリョウ(十両、ヤブコウジ、薮柑子)

■関連ページ
ジュウリョウ(十両)  麹町(2018年1月9日)  城ヶ崎釣り(2010年1月11日)  サ行の花図鑑  花図鑑  花暦


十両(麹町)

ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両) ジュウリョウ(十両)
ジュウリョウ(十両)
麹町で、2018年1月9日


十両(城ヶ崎海岸)


ジュウリョウ(十両)
ジュウリョウ(十両)
ジュウリョウ(十両)

ジュウリョウ(十両)
城ヶ崎海岸自然遊歩道で、2010年1月11日