ナンテン(南天)

【かぎけんWEB】
ナンテンはメギ科ナンテン属の常緑低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ナンテンショク(南天燭)、ナンテンチク(南天竹)

ナンテン(南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) キナンテン(黄南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) キナンテン(黄南天)

ナンテン(南天)は、初夏、円錐花序に沢山の白い米粒状の小花を咲かせる メギ科ナンテン属の常緑低木です。 小葉は固く光沢があり枝の上方に纏まって付きます。 名前のナンテンという、難を転じる、ことにあやかり縁起物とされます。 冬に成る赤い小球形の実が美しいので鑑賞用とされ、 葉の緑と果実の赤の色の対比が美しいので、 おせち料理の二の重の彩りとしても使われます。 漢方では咳止め薬の原料とされます。
果実が黄色いのはキナンテン(黄南天)と言います。
ナンテンは、別名でヤマナンテン(山南天) と呼ばれる ナカマド(七竃)と花や果実がよく似ています。 ナンテンの方が小さくこじんまりしています。

一般名:ナンテン(南天)
学名:Nandina domestica
別名:ナンテンショク(南天燭)、ナンテンチク(南天竹)
分類名:メギ科ナンテン属
原産地:日本、他
樹高:100〜200cm 葉色:緑 複葉の小葉長:3〜8cm  開花期:5〜7月 花色:白 花径:0.5〜0.6cm 花序形:円錐形  実色:赤、橙、黄(黄南天) 果実径:0.6〜0.7cm 果実観賞期:11〜12月

■関連ページ
ナンテン(南天)  11月の花(2006年)  6月の花#8(2003年)  6月の花#1(2003年)  6月の花#4(2002年)  美山(京都、2007年12月1日)  樹木図鑑  ナ行の花図鑑  memo2007  果物図鑑  木の実・草の実図鑑  花暦 花暦2003年  花暦2004年 


ナンテン(南天)


ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

ナンテン(南天)の花
2003年6月22日、ズーラシアで


ナンテン(南天)
ナンテン(南天)の花
2004年6月6日、江東区白河で


ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

ナンテン(南天)の花
2003年6月、江東区白河で


6月の花#4(2002年)
6月の花#4(2002年)
ナンテン(南天)
2002年6月、向島百花園で


ナンテン(南天)
ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

ナンテン(南天)の果実
美山(京都)で、2007年12月1日


ナンテン(南天)
ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

ナンテン(南天)の実
京都寂光院近く、2006年11月11日に


キナンテン(黄南天)
キナンテン(黄南天)

キナンテン(黄南天)
青蓮院で、2009年11月22日

ナンテン(南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) ナンテン(南天) 松飾のナンテン(南天)の実
苗場スキー場、2006年1月9日 DIGI209