向島百花園

【かぎけんWEB】
向島百花園で、2002年6月20日

サフランモドキ ザクロ(石榴) シモツケ(下野) シモツケ(下野) 白式部(シロシキブ) テイカカズラ(定家葛) テイカカズラ(定家葛) テイカカズラ(定家葛) ナンテン(南天) ニワウメ(庭梅) ニワウメ(庭梅) ネジバナ(捩花) 凌霄花(ノウゼンカズラ) 凌霄花(ノウゼンカズラ) ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生) ボダイジュ(菩提樹) ミチシルベ(道知辺) ユリ(百合) カライトソウ(唐糸草) カライトソウ(唐糸草) キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗) ザクロ(石榴) サフランモドキ シモツケ(下野) シモツケ(下野) トネアザミ(利根薊) ナンテン(南天) ネジバナ(捩花) ニワウメ(庭梅) ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生) ボダイジュ(菩提樹) ムシトリナデシコ(虫取撫子) ムシトリナデシコ(虫取撫子)

向島百花園で、2002年6月20日に撮影した草花の写真と説明(花名、学名,別名,科目名,属名,原産地)のページです。 ●花の種類
オオイヌタデ(大犬蓼)  イヌタデ(大犬蓼)  カライトソウ(唐糸草)  キキョウ(桔梗)  ザクロ(石榴)  サフランモドキ  シモツケ(下野)  テイカカズラ(定家葛)  トネアザミ(利根薊)  ニワウメ(庭梅)  ネジバナ(捩花)  ノウゼンカズラ(凌霄花)  ハギ(萩)  ハナズオウ(花蘇芳)  ハンゲショウ  ビオラ(Viola)  ボダイジュ(菩提樹)  ミチシルベ(道知辺)  ムシトリナデシコ  ユリ(百合) 

■関連ページ
6月の花(向島百花園、2002年)  6月の花#1(2002年)  6月の花#2(2002年)  6月の花#3(2002年)  花図鑑  6月の花−菖蒲(2002年)  花暦2002  花暦 


●アジサイ(紫陽花)
アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
●オオイヌタデ(大犬蓼)
オオイヌタデ(大犬蓼)

オオイヌタデ(大犬蓼)のページ

オオイヌタデ(大犬蓼)
●オニユリ(鬼百合)
オニユリ(鬼百合)

一般名:オニユリ(鬼百合)
学名:Lilium Oriental Group
別名:リリー(Lily)
分類名:ユリ科ユリ属
原産地:日本
草丈:60〜150cm 開花期:6〜7月 花色:白・桃・赤 花径:20〜25cm

●カライトソウ(唐糸草)
カライトソウ(唐糸草)
カライトソウ(唐糸草)

花は、夏に長円形をした花穂に絹糸に似た桃色の雄しべをつける耐寒性多年草です。 葉は緑色をしており羽状複葉をしています。茎が倒れやすいので支柱を立てると良いです。

カライトソウ(唐糸草)のページ

カライトソウ(唐糸草)
カライトソウ(唐糸草)

一般名:カライトソウ(唐糸草)
学名:Sanguisorba hakusanesis(サングイソルバ ハクサエンシス)
別名:カラウチソウ(唐打草)、サングイソルバ(Sanguisorba)
分類名:バラ科ワレモコウ属
原産地:日本
草丈:40〜100cm 花序高:4〜10cm 花色:桃 開花期:6〜9月

●キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)

キキョウ(桔梗)は、秋の七草の1つで和風の質素な一重の紫や白い花を咲かせます。

キキョウ(桔梗)のページ
キキョウ(桔梗)

一般名:キキョウ(桔梗)
学名:Platycodon grandiflorus
別名:バルーンフラワー、オカトトキ(岡ととき)
分類名:キキョウ科キキョウ属

●サフランモドキ
サフランモドキ

サフランモドキのページ

サフランモドキ
●ザクロ(石榴)
石榴(ザクロ)

石榴(ザクロ)は、朱赤の花や赤い果実、樹形を楽しむ耐寒性落葉高木です。 熟すと皮が裂けて一種独特の風貌となりますが、皮の中には沢山の小さな種が入っています。 小さな種を除けて実を絞りジュースにして飲みます(やってみると実に絞り難くので二度とやりたくないと思いますが 女性ホルモンに関係するエストロゲンという成分を含んでいます。

石榴(ザクロ)のページ

石榴(ザクロ)

一般名:石榴(ザクロ)
学名:Punica granatum(ピューニカ・グラナーツム)
別名:セキリュウ、Pomegranate
分類名:ザクロ科ザクロ属
原産地:イラン〜アフガニスタン
樹高:500cm 花色:朱赤 開花期:6〜9月 実色:赤 観賞期:9〜11月 実径:7〜10cm

●シモツケ(下野)
シモツケ(下野)

シモツケ(下野)は、5弁の小さな花が多数集まって半球状の複散房花序を作る耐寒性落葉低木です。 葉は卵型で互生します。和風の趣を持った花です。花色は濃紅色〜白色までの濃淡がありますが、 ピンクの花はふりかけのソボロのように見えませんか。

シモツケ(下野)のページ

シモツケ(下野)

一般名:シモツケ(下野)
学名:Spiraea japonica
別名:キシモツケ(木下野) 、Japanese Spirea
分類名:バラ科シモツケ属
原産地:中国、日本
樹高:30(矮性品種)〜100cm 花色:濃紅・桃・白 花径:0.4〜0.6cm  開花期:5〜7月 葉身:3〜8cm 葉幅:2〜6cm

シモツケ(下野) シモツケ(下野)
●シロシキブ(白式部)
白式部(シロシキブ)
白式部(シロシキブ)
白式部(シロシキブ)
白式部(シロシキブ)
●定家葛(テイカカズラ)
6月の花#4(2002年)
定家葛(テイカカズラ)

定家葛(テイカカズラ)は、6月に白い花を咲かせる蔓(ツル)性植物です。 命名は藤原定家(歌人)にちなん付けられました。

定家葛(テイカカズラ)のページ

6月の花#4(2002年)
定家葛(テイカカズラ)

一般名:テイカカズラ(定家葛)
学名:Trachelospermum asiaticum
別名:マサキノカズラ
分類名:キョウチクトウ科テイカカズラ属

定家葛(テイカカズラ)
定家葛(テイカカズラ)
定家葛(テイカカズラ)
定家葛(テイカカズラ)
●トネアザミ(利根薊)
6月の花#4(2002年)
トネアザミ(利根薊)

トネアザミ(利根薊)のページ

●ナンテン(南天)
ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

ナンテン(南天)は、初夏に白い米粒大の花を枝一杯に咲かせる常緑低木でます。 冬に実る球状の小さな鮮紅色の実は美しく、咳止めの材料にもなります。 固くて光沢のある小葉が枝の上の方にまとまってつきます。難を転じるということで縁起物とされています。

ナンテン(南天)のページ
ナンテン(南天)
ナンテン(南天)

一般名:ナンテン(南天)
学名:Nandina domestica
別名:ナンテンショク(南天燭)、ナンテンチク(南天竹)
分類名:メギ科ナンテン属
原産地:日本、他
樹高:100〜200cm 開花期:5〜7月 花序形:円錐形 花径:0.5〜0.6cm  果実径:0.6〜0.7cm 実色:赤 果実観賞期:11〜12月  葉色:緑 複葉の小葉長:3〜8cm

●ネジバナ(捩花)
ネジバナ(捩花)

ネジバナ(捩花)は、初夏にピンクの捩れた花を咲かせます。 百人一首の「陸奥(みちのく)のしのぶもじずり誰ゆえに乱れそめにしわれならなくに」(河原左大臣) に出て来る草花ですね。

ネジバナ(捩花)のページ

ネジバナ(捩花)

一般名:ネジバナ(捩花)
学名:Spiranthes sinensis
別名:モジズリ(捩摺り)
分類名:ラン科ネジバナ属
開花期:5月〜8月 花色:桃

●ノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラ(凌霄花)

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、7〜9月に赤橙色の花が咲く落葉つる性の植物です。

凌霄花(ノウゼンカズラ)のページ

ノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラ(凌霄花)

一般名:ノウゼンカズラ(凌霄花)
学名:Campsis grandiflora
別名:ノウショウ
分類名:ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

●ハギ(萩)
萩(ハギ)

萩(ハギ)は、万葉の時代から愛でられる秋の七草の1つです。 基部は木質化して堅く、分枝し下垂した枝先に多数の蝶に似た赤紫や白の小花を咲かせる落葉低木です。 葉の付き方は互生(ごせい)で、三出複葉(サンシュツフクヨウ)です。 ヤマハギ(山萩)やミヤギノハギ(宮城の萩)などは普通に見られます。

萩(ハギ)のページ

萩(ハギ)

一般名:萩(ハギ)
学名:Lespdeza sp. (レスペデザ)
別名:庭見草(ニワミグサ)、初見草(ハツミグサ)、鹿鳴草(シカナキグサ)、鹿妻草(シカツマグサ)、Bush clover(ブッシュクローバー)
分類名:マメ科ハギ属
原産地:日本、朝鮮、中国などの東アジア
草丈:150〜250cm 開花期:6〜10月 花色:赤紫・白

萩(ハギ) 萩(ハギ) トンネル

ちょっと時期が早かったです。

●ハンゲショウ(半夏生)
ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生)

一般名:ハンゲショウ(半夏生)
学名:Saururus chinensis
別名:カタシログサ(片白草)、サンパクソウ(三白草)
分類名:ドクダミ科ハンゲショウ属

ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生)
ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生)
ハンゲショウ(半夏生) ハンゲショウ(半夏生)
●ミヤコワスレ(都忘れ)
ミヤコワスレ(都忘れ)
ミヤコワスレ

ミヤコワスレ(都忘れ)は、4〜5月に、3〜4cmの花径の 濃青、紫、薄紫、白、ピンク、赤紫、紅色の花を咲かせます。

ミヤコワスレ(都忘れ)
ミヤコワスレ(都忘れ)

一般名:ミヤコワスレ(都忘れ)
学名:Gymnaste savatieri
別名:ミヤマヨメナ(深山嫁菜)
分類名:キク科ミヤマヨメナ属

●ムシトリナデシコ(虫取撫子)
ムシトリナデシコ(虫取撫子)

ムシトリナデシコ(虫取撫子)は、5月〜6月に花径1cmほどの 濃いピンクや白色の花を茎に多数付けます。茎の節から粘液が出て虫がくっつきますが 食虫植物ではありません。

ムシトリナデシコ(虫取撫子)

一般名:ムシトリナデシコ(虫取撫子)
学名:Silene armeria
別名:コマチソウ(小町草)
分類名:ナデシコ科マンテマ属

ムシトリナデシコ(虫取撫子)のページ
ムシトリナデシコ(虫取撫子 ムシトリナデシコ(虫取撫子
●ミチシルベ(道知辺)
ミチシルベ(道知辺)
ミチシルベ(道知辺)

一般名:ミチシルベ(道知辺)
学名:Plunus mume
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科サクラ属

ミチシルベ(道知辺)は、バラ目バラ科サクラ属の落葉高木、ウメ(梅)の園芸品種です。 1月中旬〜2月上旬に紅色で一重の大輪の花を咲かせます。

ミチシルベ(道知辺)のページ

●ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)

ニワウメ(庭梅)のページ

ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
ニワウメ(庭梅)
●ハナズオウ
ハナズオウ(花蘇芳)

ハナズオウ(花蘇芳)のページ

ハナズオウ((花蘇芳)
●ビオラ(Viola)
ビオラ(Viola)

ビオラ(Viola)は、花色が豊富な耐寒性一年草で、同じ分類名の  パンジーの小輪品種です。 パンジーの草丈と花径を小さくして、病気に強く、花付きを良くしたものです。

ビオラ(Viola)のページ

ビオラ(Viola)

一般名:ビオラ(Viola)
学名:Viola×wittrockiana
別名:ビオラ・ウィットロキアナ(Viola wittrockiana)、 サンシキスミレ(三色菫)、ガーデンパンジー(Garden pansy)
分類名:スミレ科スミレ属(ビオラ属)
開花時期:9月〜翌年5月 草丈:10〜20cm 花径:2〜3cm 花色:紫・白・黄・橙・赤・桃

●ボダイジュ(菩提樹)
ボダイジュ(菩提樹) ボダイジュ(菩提樹)
●ユリ(百合)
ユリ(百合)

ユリ(百合)は、日本でも欧米でも人気の高い耐寒性球根植物です。 日本で自生するヤマユリやカノコユリjなどの交配品種群をオリエンタルハイブリッドといい、 花色は白や紅色が多く大輪の花を咲かせます。中でも純白の花を咲かせるカサブランカが有名です。 他に、アジアティックハイブリッド という園芸品種もあります。 球根は百合根と呼ばれ食通の間では珍重されます。

ユリ(百合)のページ