シモツケ(下野)

【かぎけんWEB】
シモツケとはバラ目バラ科シモツケ属の低木です。
別名:キシモツケ(木下野)、Japanese Spirea

シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野) シモツケ(下野)

シモツケ(下野) とは、 バラ目バラ科シモツケ属の耐寒性落葉低木です。 小さな五弁花が散房花序に多数集まり半球状となった花を咲かせます。
葉は卵型で互生します。 花色は濃紅色〜白色までの濃淡がありますが、 通常はピンクの花が多くみられます(まるでご飯にふりかけるソボロのように見えます)。 和風の趣を持った花です。
似た名前の花に、 シモツケソウ(下野草)  がありますが、こちらは草本で葉が紅葉のような掌状をしています。

一般名:シモツケ(下野)
学名:Spiraea japonica
別名:キシモツケ(木下野)、Japanese Spirea
分類:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科シモツケ属
原産地:日本
樹高:30(矮性品種)〜100cm 花色:濃紅・桃・白 花径:0.4〜0.6cm  開花期:5〜7月 葉身:3〜8cm 葉幅:2〜6cm

シモツケ属の花
イブキシモツケ(伊吹下野)  コデマリ(小手毬)  シジミバナ(蜆花)  シモツケ(下野)  シモツケソウ(下野草)  シロバナシモツケ(白花下野)  ユキヤナギ(雪柳) 

■関連ページ
シモツケ(下野)  シモツケソウ(下野草)  6月の花(2008年)  サ行の花図鑑  花暦2008年  花暦 

■シモツケソウとシモツケの見分け方(下野草と下野の違い)
シモツケソウ(下野草) シモツケ(下野)
下野草
葉形が紅葉のように掌形
シモツケ(下野)
葉形が披針形または卵形
下野草
四〜五弁花を散房花序につける
下野
五弁花を散房花序に半球状につける

●シモツケ(下野)


シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)
シモツケ(下野)

シモツケ(下野)
2002年6月8日、若洲キャンプ場で


シモツケ(下野)

シモツケ(下野)
2002年6月、向島百花園で