キキョウ(桔梗)

【かぎけんWEB】
キキョウとはキキョウ科キキョウ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:アサガオ(朝顔、昔)、バルーンフラワー(Balloon flower)、 オカトトキ、チャイニーズベルフラワー(Chinese bellflower)

キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗) 矮性桔梗 矮性桔梗 キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗)

キキョウ(桔梗)とは、秋の七草の1つで、質素な和風の感じがする星型の花を咲かせるキキョウ科キキョウ属の多年草です。 自生種は一重咲きが多いですが、園芸品種には紫色の八重咲き種シシンデン(紫宸殿)や、矮性種品種のサミダレ(五月雨)などがあります。民間療法では、主として、根に薬効があるとされ、去痰剤として利用されます。
万葉時代には朝顔と呼ばれました。
山上憶良が万葉集で秋の七草を詠んだ短歌がありますが、花名を覚えるのに重宝するので掲載します。

萩の花  尾花 葛花  なでしこが花  をみなへし また 藤袴  朝顔が花(今の桔梗)

一般名:キキョウ(桔梗)
学名:Platycodon grandiflorus(プラティコドン)
別名:バルーンフラワー(Balloon flower)、オカトトキ(岡止々岐)、チャイニーズベルフラワー(Chinese bellflower)
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科キキョウ属
原産地:日本〜シベリア、(園芸品種)
草丈:50〜100cm 花色:青紫・白・桃 開花期:6〜9月 花径:3〜5cm  花形:一重・八重・絞り

キキョウ科の仲間
キキョウ(桔梗)イソトマ(Isotoma)カンパニュラ(Campanula)カンパニュラ・ポシャルスキアナ(Campanula posharskyana)サワギキョウ(沢桔梗)ホタルブクロ(蛍袋)ロベリア(Lobelia)

■関連ページ
キキョウ(桔梗)  カ行の花図鑑  花博の花 


キキョウ(桔梗)


キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)
木場公園で


キキョウ(桔梗) キキョウ(桔梗)

キキョウ(桔梗)
2002年6月、向島百花園で


矮性桔梗
矮性桔梗

矮性桔梗
2012年9月28日、麹町で