ラッカセイ(落花生)

【かぎけんWEB】
ラッカセイとはマメ目マメ科ラッカセイ属の一年草で、種子を食用とします。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ピーナッツ(Peanut)、ナンキンマメ(南京豆)、ジーマーミ(地豆、沖縄語で)

生落花生 生落花生 生落花生2つ割り 茹で落花生 南部せんべい ピーナツご飯

ラッカセイ(落花生) とは、南米原産のマメ目マメ科ラッカセイ属の一年草で、種子が食用となります。
夏〜中秋まで、黄色い蝶形の花を咲かせ、花後に子房柄と呼ばれる枝状のものが伸びて土中に入り結実します。 花が落ちた所から実を成らせるのが花名の由来です。 秋に収穫し、殻付き・殻無、炒り・塩茹し、有塩・無塩で売られます。 英語では実をピーナッツ(Peanut)、日本へは江戸時代に外国から入ってきたので 別名をナンキンマメ(南京豆)、沖縄ではジーマーミ(地豆)と呼ばれます。 ジーマーミで作られたジーマーミ豆腐は、白ゴマ豆腐に似たまったりとした食感、味わいです。 南部せんべいにもラッカセイ入りがあります。

一般名:ラッカセイ(落花生)
学名:Arachis hypogaea
別名:ナンキンマメ(南京豆)、ジーマーミ(地豆、沖縄語)、ピーナッツ(Peanut)
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱マメ目マメ科ラッカセイ属
原産地:南米 
生活型:一年草  草丈:25〜50cm  開花期:7〜10月 花色:黄色  収穫期:10月  品種:サトノカ(郷の香)、ナカテユタカ  含まれる成分:ビタミン、タンパク質  特徴:実は土中に成る 

■関連ページ
ラッカセイ(落花生)  memo(2011年12月18日)  木の実・草の実図鑑  デザート物図鑑  野菜図鑑  果物図鑑  memo20111023  ラ行の花図鑑 


生落花生 生落花生 生落花生2つ割り
生で食べたら、薄味で水分のある落花生の味がしました。

生落花生、2015年9月13日


茹で落花生

茹で落花生、2011年10月23日
炒り落花生が一般的ですが、静岡県では茹で落花生も人気です。

ピーナツご飯
ピーナツご飯 生落花生を茹でて外皮を剥きご飯に入れたもの
2016年9月23日

南部せんべい
南部せんべい(ピーナッツ入り)
2011年12月18日
南部地方(岩手県北部と青森県)名物の焼き菓子で、小麦粉にピーナッツを練りこんで刀の柄や、
襖(ふすま)の取っ手のような形の焼き上げたものです。他に、 黒胡麻 を練り込んだものもあります。