ハギ(萩)唐招提寺の花

【かぎけんWEB】
唐招提寺(奈良)で、2004年11月23日

ツワブキ(石蕗) ツワブキ(石蕗) ツワブキ(石蕗) ツワブキ(石蕗) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) ツバキ(椿) サザンカ(山茶花) サザンカ(山茶花) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) モミジ(紅葉) ミズナラ(水楢) ミズナラ(水楢)

11月の花#4(2004年)-法隆寺の花」には、2004年11月、唐招提寺(奈良)で撮影した写真と説明があります。

■花の種類
モミジ(紅葉)ツワブキ(石蕗)ツバキ(椿)サザンカ(山茶花)ミズナラ(水楢)

■関連ページ
11月の花#1(2004年)  11月の花#2(2004年)  11月の花#3(2004年)  11月の花#4(2004年)-法隆寺  11月の花#5(2004年)-唐招提寺  樹木図鑑  花図鑑  花暦2004年  花暦 


2004年11月23日、唐招提寺(奈良)
■紅葉
紅葉
紅葉

モミジ(紅葉)は、秋の紅葉が美しい葉が掌形をしている小高木です。 葉は5裂していることが多く(5〜9に深裂)、葉縁には鋸歯があります。公園樹や庭木、盆栽に向いています。

モミジ(紅葉)のページ

紅葉
紅葉

一般名:モミジ(紅葉)
学名:Ace palmatum Thunb
別名:モミジ(もみじ)、イロハカエデ(いろは楓)、タカオカエデ(高尾楓)、Japanese Maple(ジャパニーズ・メイプル)
科属名:カエデ科カエデ属
原産地:日本
樹高:8m 観賞期:4〜11月 葉色:赤・赤紫・緑

モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
紅葉と寺
モミジ(紅葉)と寺
紅葉と寺
紅葉と寺
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
モミジ(紅葉)
■ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)

ツワブキ(石蕗)は、秋〜冬に黄色い花を咲かせ、葉がフキ(蕗)に似ており大きく表面に艶がある草本です。 茎や根には薬効があると言われ、民間療法では、腫れ物や出来物、湿疹、打撲傷、下痢等に用いられています。

ツワブキ(石蕗)のページ

ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)

一般名:ツワブキ(石蕗)
学名:Farfugium japonicum
別名:たく吾
科属名:キク科ツワブキ属
開花期:10〜12月 花色:黄

ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)
2004年11月23日、唐招提寺(奈良)で
ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)
2004年11月23日、唐招提寺(奈良)で
■ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)

:ツバキ(椿)は、江戸時代から栽培されている常緑高木で多数の園芸品種があります。 花が首から落ちるので不吉だとして好まない人もいます。 サザンカ(山茶花)と似ており見分けがつき難いので比較表を作ってみました(それでも違いを知ることは難しいです)。 椿の木材は櫛にされたり、焼いて炭にされます。果実は絞って椿油にして利用されます。

ツバキ(椿)のページ

ツバキ(椿)
ツバキ(椿)

一般名:ツバキ(椿)
学名:Camellia japonica(カメリア・ジャポニカ)
別名:カメリア(Camellia)、ヤブツバキ(藪椿)
科属名:ツバキ科ツバキ属
原産地:日本
開花期:12〜4月 花色:紅・白・桃・紅に白斑入り・紅白のぼかし・覆輪・咲き分け

ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
花が首から落ちているので山茶花ではないですね。
■サザンカ (山茶花)
サザンカ (山茶花)
サザンカ (山茶花)

サザンカ (山茶花)は、花の無い時期に咲く貴重な耐寒性常緑高木です。花色には桃色、赤、白等があります。 ツバキ(椿)と花が似ていて見分けが難しいです。 一応両者の違いを下表にまとめてみました。 サザンカは葉縁がギザギザしており、花弁がバラバラに散るので地面に落ちている花を確認するのも 一つの判断材料になるかもしれません。サザンカにもツバキ同様に実がなり油も採取されるようです。

サザンカ(山茶花)のページ

サザンカ (山茶花)
サザンカ (山茶花)

一般名:サザンカ (山茶花)
学名:Camellia sasanqua
別名:イワハナビ(岩花火)、ヒメツバキ(姫椿)、ヤブサザンカ(藪山茶花)
科属名:ツバキ科ツバキ属
原産国:日本
樹高:50〜1200cm 開花期:10月〜翌年2月 花色:桃・赤 ・白 花径:5〜7cm

■ミズナラ(水楢)
ミズナラ(水楢)
ミズナラ(水楢)

ミズナラ(水楢)は、水分を多く含むため燃え難い木で雌雄同株の落葉高木です。 花は春に咲き、風媒花となります。葉には鋸歯があり互生して付き秋に黄葉します。 果実はドングリとなりますが、渋くて食用とはしません。 材は高級家具やウィスキー樽材、高級木炭、椎茸ほだ木にに用いられます。
唐招提寺に、「水楢の柔き若葉はみ眼にして 花よりなほや 白うにおはむ」(北原白秋)の歌碑がありました。

ミズナラ(水楢)のページ

ミズナラ(水楢)
ミズナラ(水楢)

一般名:ミズナラ(水楢)
学名:Quercus mongolica var. grosseserrata
別名:オオナラ(大楢)、ミズボウソウ
科属名:ブナ科コナラ属
原産地:中国、日本
樹高:10〜30m 樹径:1.5m 樹皮色:灰褐色〜暗褐色  雄花序長:4〜5cm 果実長:2cm 果実形:楕円形 開花期:5月  黄葉:10〜11月 結実期:10〜11月