ラックカイガラムシ(Lac insect)

【かぎけんWEB】
ラックカイガラムシは、半翅目ラックカイガラムシ科の昆虫です。
別名:ラック・インセクト(Lac insect)

スチックラック ラックカイガラム ラックカイガラム シェラック使用-キシリトールガム アーモンド(Almond)

ラックカイガラムシ(Lac insect)は、インドやタイなどの熱帯アジアに生息する半翅目ラックカイガラムシ科の小さな昆虫です。
分泌物を分離生成して天然プラスチックの「シェラック(Shellac)」が作られます。 シェラックは、医薬品、食料品、電子部品の接着剤とされるほか、 身近なものでは、キシリトールガム(XYLITOL)やマーブルチョコレート、 チョコボールなどの光沢剤に使われています。

一般名:ラックカイガラムシ(Lac貝殻虫)
学名:Laccifer lacca
別名:ラック・インセクト(Lac insect)
分類名:動物界節足動物門昆虫綱半翅目(カメムシ目)ラックカイガラムシ科
生息分布:インドやタイなどの熱帯アジア
幼虫全長:0.5mm 体幅:0.25mm 脚数:3対  体色:赤 
用途:医薬品、食料品、電子部品の接着剤、光沢剤
備考:天然プラスチック「シェラック(Shellac)」を作る昆虫 

■関連ページ
ラックカイガラムシ(Lac insect)  大阪市立科学館(2012年9月17日)  昆虫図鑑  面白図鑑  花暦2008年 


まだ人工的に作れない素材


ラックカイガラムシ4
ラックカイガラムシが多数、枝に寄生しています。

スチックラック2
分泌物が固まった「スチックラック」。これを粗く生成した「シードラック」を輸入し
抽出精製して「シェッラック」を作ります。

キシリトールガム
虫などを分離精製したものが天然プラスティックで
ガムやチョコレートのコーティング剤に使用されます。

ラックカイガラムシ(Lac insect)
2012年9月17日、大阪市立科学館展示物


アーモンド(Almond)

アーモンドチョコレートのコーティングにも
ラックカイガラムシ(Lac insect)
2009年3月16日