ホウレンソウ(ほうれん草)

【かぎけんWEB】
ホウレンソウとはナデシコ目ヒユ科ホウレンソウ属の一年草で葉野菜とされます。
別名:Spinach

ホウレンソウ

ほうれん草 ホウレンソウ ホウレンソウのおひたし ホウレンソウ


ホウレンソウ変種
ちじみホウレンソウ
ベビースピナッチ(Baby spinach)=ホウレンソウの幼葉
ベビースピナッチ(Baby spinach) ベビースピナッチ(Baby spinach) ベビースピナッチ(Baby spinach) ベビースピナッチ(Baby spinach)
ホウレンソウ(ほうれん草) とは、中央・西アジア原産のナデシコ目ヒユ科ホウレンソウ属の葉菜類の野菜となる一年草です。
東洋種と西洋種、それらを交配した一代雑種があり、現在は性質的に優れている一代雑種が市場を占めています。この一代雑種には剣葉系と丸葉系がります。他に、生食できるサラダほうれん草、葉が縮れた「サボイほうれんそう」があります。
ペルシア(アラブ)→中国→江戸時代の日本に渡来し、現在では日常的に食べられています。 調理方法には、おひたし、胡麻和え、バター炒めがあり、 キッシュロレーヌはフランス・ロレーヌ地方の名物料理にもなっています。 最近はサラダとして生食できるサラダほうれん草もあります。
緑黄色野菜であり、ビタミンA、C、E、ミネラル、βカロチン、葉酸、ルテインが豊富に含まれています。ただし、シュウ酸が多く含まれているため大量に食べると結石となるおそれがありますので、たくさん食べる場合は湯掻いた方が安全です。
ベビー・スピナッチ(Baby spinach) とは、ホウレンソウの幼葉を生食するものです。 緑色の匙のような形をしており、柔らかく癖の無いのでそのまま生でサラダにして 食べられます。尚、スピナッチ(spinach)とは、英語でホウレンソウのことです。

一般名:ホウレンソウ(ほうれん草)
学名:Spinacia oleracea L.
別名:Spinach
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目ヒユ科ホウレンソウ属
原産地:中央・西アジア 
生活型:長日植物、雌雄異株、風媒花、一年草、野菜 
草丈:15〜40cm 葉色:緑 
開花期:春 雌花:葉腋につく 雄花:茎頂に穂状につく 花序長:10〜20cm 
花色:薄桃色 
食の可否:可 可食部:葉茎 用途:野菜 
収穫:周年(25cmになったら収穫) 旬:冬 
調理方法:おひたし、胡麻和え、バター炒め 
出荷要日:30日(夏)、90日(冬)

■関連ページ
ホウレンソウ(ほうれん草)  memo(2013年11月20日)  花暦2007年  野菜図鑑  旬の食材 


ホウレンソウ(spinach)

ほうれん草
ホウレンソウ
2011年11月


ほうれん草
ホウレンソウのおひたし
ホウレンソウはスーパーで購、2011年1月


ホウレンソのおひたしウ

ホウレンソウのおひたし
2013年11月20日


ホウレンソウ

ホウレンソウ
サラリマンに必要だと言われる ホウ(報告)、レン(連絡)、ソウ(相談)
を連想してしまいます。ワークーホイックでしょうか。困ったものです。
マウイのスーパーマーケットで、2001年8月


変種

ちじみホウレンソウ
ちじみホウレンソウ


ベビースピナッチ(Baby spinach)=ホウレンソウの幼葉


ベビースピナッチ(Baby spinach)
ベビースピナッチ(Baby spinach)
ベビースピナッチ(Baby spinach)
ベビースピナッチ(Baby spinach)

ベビースピナッチ(Baby spinach)
ホウレンソウの幼葉を生食するもの
2012年3月17日