アイガモ(合鴨)

【かぎけんWEB】
アイガモとは、ナキアヒル、または主にアヒルのことを言います。

アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス アイガモとして売られるアヒル肉 ネギ 鍋野菜 鴨鍋(アヒル鍋) 鴨汁 アイガモ握り アイガモ肉(合鴨肉) カモネギ(鴨葱)

アイガモ(合鴨)とは、元は、野生の  マガモ(真鴨)  と、家禽化した鴨であるアヒル(家鴨)  の交配種であるナキアヒルのことでした。
今では、アイガモは、アイガモ農法と呼ばれる減農薬栽培で雑草を食べる役割をしますが、アイガモ肉と呼ばれるものは、ほぼアヒル(家鴨)の肉が提供されています。 肉は食材として一年中出回り、和風の鍋料理「鴨鍋」や、かも南蛮、ソティ、蒸し物にされます。
因みに、カモネギ(鴨葱)とは鴨が自ら葱を背負って鴨鍋の材料になりに来るように、 当事者にとって都合の良い人のことを「カモ」と言います。
しかし、カモネギと言うと、今では、ポケモン・キャラの方が有名かもしれません。

■関連ページ
アイガモ(合鴨)  マガモ(真鴨)  アヒル(家鴨)  一碧湖(2012年9月9日)  memo(2011年12月6日)  外食(2002年7月5日)  鳥図鑑  鳥・トリ・とり  食べ物図鑑  動物図鑑  麹町便り  memo 


アイガモ

アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス アイガモ雄エクリプス
アイガモ雄エクリプス(Eclipse)
マガモとアヒルを掛け合わせて作られた家禽なのでマガモに似ています。
一般的にカモナベの材料にはならず、アイガモ農法で雑草を
食べる役割を果たすのに使用されます。

●アイガモ握り
アイガモ握り
アイガモ握り(2002年7月5日)


カモ肉=実はアヒルの肉


鴨肉
アイガモ肉といわれますが、実は、アヒルの肉

ネギ
ネギです。

鍋野菜
鍋野菜です。

鴨鍋
カモ鍋です。

鴨鍋

食べます。
カモ鍋(アヒル鍋)、2011年12月

アイガモ肉(合鴨肉)
アイガモ肉

カモネギ(鴨葱)

鴨肉ソテー葱添え
2013年6月12日