ハタハタ(燭魚)

【かぎけんWEB】
ハタハタとは、スズキ目ハタハタ科ハタハタ属の深海魚です。
別名:カミナリウオ(雷魚)、Sailfin sandfish

ハタハタ(燭魚) ハタハタ(燭魚) ハタハタ(燭魚) ハタハタ(燭魚) ハタハタ(燭魚) ハタハタ(燭魚) ハタハタとホタルイカ ハタハタ ハタハタ ハタハタ調理前 ハタハタ調理後 ハタハタとキノコ鍋 ハタハタ ハタハタ ハタハタ ハタハタ煮付け ハタハタ ハタハタ漬け丼

ハタハタ(燭魚) とは、スズキ目ワニギス亜目ハタハタ科ハタハタ属の深海魚です。

どんな魚?
全長20cm程の比較的小型の魚で、体高は高く、体形は左右に扁平な紡錘形をしています。
体色は背側に特徴的な、灰茶色っぽい模様があり、腹はピンク味を帯びた白、胸鰭は黄色い。 夜行性で、昼間は海底の砂泥に潜んでいます。

味は?
食用となる白身魚で、鱗や浮袋が無く、身離れが良い。 料理方法として、秋田の「しょっつる鍋」が有名ですが、 鮮度が良ければ、刺身でも食べられます。
ちなみに、「しょっつる」とは、ハタハタに塩を加えて発酵させた調味料「魚醤」のことです。 その他、ハタハタ寿司や、煮付け、塩焼き、ハタハタ汁、干物等があります。
卵巣は「ぶりこ」と呼ばれ、生(なま)のときは緑色ですが、 加熱すると薄黄色に変色します。 成長した魚卵は卵の粒が大きくなり、食べるとプチプチ感があります。

一般名:ハタハタ(燭魚) 、学名:Arctoscopus japonicus 、別名:カミナリウオ(雷魚)、Sailfin sandfish 、分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱スズキ目ワニギス亜目ハタハタ科ハタハタ属 、分布:日本海 環境:海底 、全長:20cm 体形:左右に側扁した紡錘形  体高:高い 胸鰭:黄色  体表色:背側は独特の模様、腹側は銀白色  行動:夜行性(昼は海底の砂泥に身を潜めている)  食用の可否:可、食用魚  料理方法:しょっつる鍋、刺身、ハタハタ寿司、煮付け、塩焼き、ハタハタ汁、干物  卵:ぶりこ、生では緑色をしており加熱すると薄黄色に変色する。  特徴:身離れが良い、鮮度が落ちやすい、魚醤「しょつる」の素材、鱗がない、浮袋が無い 

●関連ページ
ハタハタ(燭魚)  浜坂港(2012年2月)  浜坂(2012年4月10日)  memo(2012年9月5日)  釣りカレンダー  魚図鑑  食べ物図鑑 


、浜坂港から


ハタハタ(燭魚)

新鮮なハタハタ(燭魚)を入手
2013年1月、浜坂港から


ハタハタ(燭魚)
「背中に茶色っぽい模様がワイの特徴や」

ハタハタ(燭魚)
「口はアウ顎(受け口)」

ハタハタ(燭魚)
「身が崩れやすいからそっと扱ってぇな」

ハタハタ(燭魚)、浜坂、2012年3月


ハタハタ(燭魚)
ハタハタ(燭魚)

ハタハタ(燭魚)
浜坂、2012年4月10日


ハタハタ
6生ハタハタ

ハタハタ

ハタハタ汁にされました。
ハタハタ(燭魚)、浜坂、2012年2月


ハタハタとホタルイカ

ハタハタ酢〆とホタルイカ
2013年2月27日


ハタハタ調理前
煮付け前

ハタハタ調理後

ハタハタ煮付け後
2012年9月5日

ハタハタとキノコ鍋
ハタハタとキノコの鍋
2013年12月18日

ハタハタ ハタハタ ハタハタ
ハタハタ
2013年12月16日

ハタハタ煮付け
ハタハタ煮付け
2014年2月19日

ハタハタ ハタハタ漬け丼
ハタハタ漬け丼
2014年3月9日