シシャモ(柳葉魚)

【かぎけんWEB】
シシャモとはサケ目キュウリウオ科シシャモ属の回遊魚です。
北海道産シシャモ♀

北海道産シシャモ♀ 北海道産シシャモ♀ カマスと北海道シシャモ♀

シシャモ(北海道産)

シシャモ(柳葉魚) シシャモ(柳葉魚) シシャモチーズ焼き(柳葉魚)

カラフトシシャモ(カペリン)♀

カラフトシシャモ♀

シシャモ(柳葉魚) とは、北海道産日本固有種の、サケ目キュウリウオ科シシャモ属の小型の回遊魚です。
大群で遊泳しますが、遡河回遊魚と言って、親魚が海から河へに遡上して産卵し、 仔魚は河から海へ移動して成長すろというライフスタイルを繰り返します。 名前の由来はアイヌの伝説に因ります。 子持ちの雌は子持ちシシャモと呼ばれ人気ですが、身をしっかり食べたい場合は雄が向いています。 漁期は産卵で遡上する秋で、鮮度の良いものは刺身で、一般的には塩焼きや干物にして食べます。 漁獲量が少ないせいか、高値取引されています。

カラフトシシャモ(カペリン)
その結果、日本では、 アラスカ産のカラフトシシャモ(カペリン)の方が、北海道産シシャモより流通しており、 同様にシシャモと呼ばれますが、同科別属(キュウリウオ科マロータス属)の魚です。 カペリンは干物として売られているので軽く炙って食べます。 味は国産シシャモの方が断然、美味しいですが、値段が高すぎるのが難点です。

一般名:シシャモ(柳葉魚)
学名:Spirinchus lanceolatus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱サケ目キュウリウオ科シシャモ属
分布:北海道太平洋岸 環境:河→海→河 
生活型:遡河回遊魚 全長:18cm 体表色:背側が灰茶色の銀白色  漁期:10〜11月上旬  用途:食用 料理方法:鮮度の良いものは刺身、一般的には塩焼き  特記:日本固有種 

■関連ページ
シシャモ(柳葉魚)  北海道産シシャモ♀(2015年9月10日)  魚類図鑑  食べ物図鑑  旬図鑑  麹町便り  memo 


北海道産シシャモ♀
>

北海道産シシャモ♀ 北海道産シシャモ♀
北海道産シシャモ♀、2015年9月10日

カマスと北海道シシャモ♀
北海道産シシャモ♀ 大きいのはカマス
スーパーで購入、2016年9月23日


北海道産柳葉魚

シシャモ(柳葉魚)
北海道産シシャモ(柳葉魚)の干物

シシャモ(柳葉魚)

こんな具合に網で軽く炙って食べるとグーです。
北海道産シシャモ(柳葉魚)の干物、2011年12月29日

シシャモチーズ焼き(柳葉魚)
シシャモチーズ焼き(柳葉魚)、2012年1月


カラフトシシャモ

シシャモ
こちらは、カペリン(=カラフトシシャモ)です。
毎日の食卓に出ているものはカペリンが一般的です。2011年11月24日