豆腐(とうふ、トウフ)/ Tofu

【かぎけんWEB】
とうふは大豆の加工品です。/


豆腐 / Tofu

トウフ(豆腐) トウフ(豆腐) トウフ(豆腐)
トウフ(豆腐)



おぼろ豆腐 / Oboro (Ragged) tofu

おぼろ豆腐 おぼろ豆腐



マーボー豆腐 / Mabo tofu

マーボー豆腐 マーボードーフ
マーボー飯 / Marbo rice


豆腐の加工品ー厚揚げ、豆腐燻製
Processed tofu-thick fried, smoked tofu

巨大厚揚げ 巨大厚揚げとから揚げ 豆腐の燻製とハナマメとパンダ豆
ジャンボ厚揚げ、巨大厚揚げとから揚げ、豆腐の燻製とハナマメとパンダ豆
Jumbo thick fried tofu, Jumbo thick fried tofu and fried chiken , Smoked tofu


油揚げ・あぶらあげ・アブラアゲ
Processed tofu-Fried tofu

狐饂飩・きつねうどん・キツネウドン
狐饂飩とは、油揚げが乗った饂飩です。
Kitsune Udon is a Udon with a deep fried tofu.

豆腐(とうふ)は、マメ目マメ科ダイズ属の一年草の豆類である  ダイズ(大豆)  の加工品で、中国で発明され、 奈良時代に日本に伝来し完成した食品、食材です。 白く、水分を多く含んでおり柔らかくそのまま生で食べても、 加熱して様々な料理に使われます。 タンパク質に富むヘルシーフード(healthy food)として、今や世界中に知られています。  製造法により、木綿豆腐と絹ごし豆腐があります。 木綿豆腐は、大豆に10倍の水を加えて粉砕攪拌して作った豆乳に、 にがりなどの凝固剤を加え型枠に流し余分な水分を押し出して作ったものです。 絹ごし豆腐は、大豆に5倍の水を加えて粉砕攪拌して作った豆乳をそのまま型枠に流したものです。
 豆腐を原料として油揚げ、厚揚げ、ガンモドキ、凍み豆腐などの2次加工品が作られます。 味が淡白なので様々な料理に向きます。 豆腐を使った料理には、湯豆腐(ゆどうふ)、麻婆豆腐(まーぼーどうふ)、 揚げ豆腐、鍋物の具、味噌汁などがあります。

一般名:豆腐(とうふ、トウフ、Tofu)
発明地:中国 完成地:日本 
サイズ:長方形や正方形、丸形のパッケージに入っています。  色:白 体質:軟 味:淡白  豆腐種類:木綿豆腐、絹ごし豆腐 2次加工品:焼き豆腐、油揚げ(薄揚げ)、 厚揚げ、がんもどき(飛竜頭)、高野豆腐(凍り豆腐)、おから(卯の花)、押し豆腐

■関連ページ
豆腐(とうふ)  ダイズ(大豆)  食べ物図鑑  完成品図鑑  素材図鑑  麹町便り  memo 


豆腐

トウフ(豆腐)
絹ごし豆腐
2011年12月2日


トウフ(豆腐)
冷奴(ひややっこ)


トウフ(豆腐)
トウフ(豆腐)
生で冷奴、加熱して様々な豆腐料理が作れます。


豆腐料理(おぼろ豆腐)

おぼろ豆腐 おぼろ豆腐
おぼろ豆腐
皆美館(松江)で、2012年10月7日


豆腐加工品 厚揚げ

巨大厚揚げ 巨大厚揚げとから揚げ
巨大厚揚げ かぎけんランチ
2018年4月11日


豆腐料理(麻婆豆腐)

マーボー豆腐
麻婆豆腐
2019年3月22日、かぎけん昼食

麻婆豆腐
麻婆豆腐(まーぼーどうふ、マーポードウフ )
中国四川の料理で豆腐と挽肉を塩、コショウ、赤唐辛子、豆板醤で炒めたもの。


ハナマメとパンダ豆と豆腐燻製
ハナマメパンダ豆豆腐燻製
2014年12月8日