ハルジオン(春紫苑)

【かぎけんWEB】
ハルジオンは、キク目キク科ムカシヨモギ属の多年草の野草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ビンボウグサ(貧乏草)、Philadelphia fleabane

ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑) ハルジオン(春紫苑)

ハルジオン(春紫苑) とは、春から夏に 九州以北の荒地や道端で見られるキク目キク科ムカシヨモギ属の一・二年草の野草です。
同属には、  ヒメジョオン(姫女苑) があり似ています。 両者の違いは、ハルジオンは春に開花し、蕾は下向きで、葉は茎を抱き、茎中は中空で、葉裏に毛が無いのに対し、 ヒメジョオンは、初夏に開花し、蕾は上向きで、葉は茎を抱かず、茎中に白い髄が詰まっていて空洞が無く、葉裏に毛が生えていることです。 また、ハルジオンはヒメジョンより草丈が低く、花径が大きく、白い舌状花が多く、花数は少ないです。

一般名:ハルジオン(春紫苑)
学名:Erigeron philadelphicus
別名:ビンボウグサ(貧乏草)、Philadelphia fleabane
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ムカシヨモギ属ハルジオン種
原産地:北米 生息分布:九州以北の日本 環境:荒地や道端 
生活型:多年草の野草 
草丈:30〜100cm 花色:白・薄紫 花径:2.5cm 開花期:4〜7月 
特徴:茎葉は基部が茎を抱く 

■関連ページ
ハルジオン(春紫苑)  葛西臨海公園(2011年5月8日)  4月の花#2(2002年)  ハ行の花図鑑  野草図鑑 


ハルジオン


ハルジオン(春紫苑)
ハルジオンの花です。

ハルジオン(春紫苑)
中央の黄色い部分が頭状花、その回りの白いぴらぴらが舌状花なの

ハルジオン(春紫苑)
私の場合、舌状花が比較的多くあり、蕾は俯きがち

ハルジオン(春紫苑)
どもぉ〜、ツボミです。俯いています。葉は茎を包むように抱いています。

ハルジオン(春紫苑)
引っくり返された葉。毛、なし!

ハルジオン(春紫苑)
切られた茎。中が空っぽ

ということで、私はハルジオン(春紫苑)に認定されました。
訳分かんないという方は上の説明を読んでね。
科学技術研究所で、2011年5月25日


ハルジオン(春紫苑)
白い舌状花が多い。

ハルジオン(春紫苑)
蕾は下を向く傾向があります。

ハルジオン(春紫苑)
花の数が少ない。

ハルジオン(春紫苑)
葛西臨海公園で、2011年5月8日


ヒメジョオン(姫女苑)
ヒメジョオン(姫女苑)
ヒメジョオンです。ハルジオンと引き合いに出されることが多いです。