ソラマメ(空豆、蚕豆)

【かぎけんWEB】
ソラマメとは、マメ目マメ科ソラマメ属の一年草で、種子が食用となります。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

テンマメ(天豆)、Broad bean

ソラマメ花 ソラマメ莢 ソラマメ莢と豆 豆 ソラマメ焼き莢 ソラマメ塩茹で


ソラマメの加工品

ソラマメ菓子(空豆、蚕豆) ソラマメ菓子(空豆、蚕豆) 醤油豆 醤油豆 トウバンジャン(豆板醤)

ソラマメ(空豆、蚕豆) とは、西南アジア〜北アフリカ原産の マメ目マメ科ソラマメ属の一年草です。 野菜として鞘の皮を剥いて中の種子(豆)を食べます。

植物としてのソラマメ
マメ科の植物ですが、蔓を作らず、真っ直ぐに育ちます。 春に蝶形の花を咲かせ、花弁色には薄紫や、薄紅、白があり、 花弁の中に濃紫色の斑があります。

食料としてのソラマメ
日本では枝豆などと同様、塩茹でしたものや煮付けたものを酒のおツマミやおかずとして食ていべます。 通常、莢など食べない部分は最初に取り除いて塩茹でにしますが、 莢毎焼いて食べる時に豆だけを取り出して食べる食べ方もあります。 莢の中はふわふわした真綿で包まれた産室のようで、中に1〜5個の種子(豆)が入っています。 豆は平べったい枕のような形をしており、黒い爪のような部分があります。 その爪を、(自分の)爪で取り除くと中に薄黄の身がありますので、その部分を食べます。 種子はピーナッツのように2つが合わさった形をしています。 煮豆にする時、皮をつけたままのものが「おたふく豆(於多福豆)」、 皮を除いたものを「ふき豆(富貴豆)」と言います。 その他、煎り豆などの菓子にしたり、味噌、醤油、春雨(日本の春雨にはジャガイモが使われます)の原料とされます。 味は、(個人的感想ですが、)枝豆とは違い粉っぽい?気がします。

ソラマメという名前の由来
莢が空を向くので空豆、養蚕期に収穫できるから蚕豆、また、 莢が蚕の形に似ているから蚕豆、英語ではBroad beanと呼ばれます。

海外でのソラマメの扱い方
海外では豆スープや炒め物、煮ものにして食べています。中国では調味料の豆板醤(トウバンジャン)の原料としています。 古代ギリシャやローマ時代は、ソラマメの花弁にある黒っぽい斑(濃紫色の斑)が不吉がられ葬儀に用いられました。 イタリアでは、今でも、「死者の日」にソラマメを象った砂糖菓子を食べます。

一般名:ソラマメ(空豆、蚕豆)
学名:Vicia faba
別名:テンマメ(天豆)、Broad bean
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科ソラマメ属
原産地:西南アジア〜北アフリカ
草丈:50〜120cm 
開花期:3〜4月 花形:蝶形 花径:3cm 花色:薄紫・薄紅・白
成実期:5月 莢長:10cm 莢色:緑〜褐色 豆形(種子):偏平な枕状
旬:初夏 
種子長:1〜1.8cm(小粒種、西アフリカ産)、1.8〜2.8cm(大粒種、北アフリカ産) 
用途:種子を食べる

■関連ページ
ソラマメ(空豆、蚕豆)  内房海釣り(2009年2月22日)  エンドウ(豌豆)  野菜図鑑  素材図鑑  花図鑑  花暦  my_calendar 

4
ソラマメの花

ソラマメ花
ソラマメの花
2004年4月11日、浜名湖花博


生ソラマメ

ソラマメ莢
こんにちは、ソラマメの莢です。莢は食べんといてね。

ソラマメ莢と豆
パカッと割るとふわふわ真綿のようなものに包まれて豆が数個入っています。

ソラマメ(空豆、蚕豆)
豆です。
平べったい枕だとか、薬局の店頭カエルに似てるだとか言われちょります(とほっ)。

ソラマメ焼き莢
調理例1−莢毎焼かれたもの。莢などは全て剥いて熱々の内に食べます。

ソラマメ塩茹で
調理例2−最初に莢〜爪までが取り除かれ塩茹でされたもの。
指で皮をぐしゅっと押すと豆が慌てて飛び出してくるのでそれを「あむっ」と食べます。
(別に、食べ方は自由ですが、...(ノω・、)

ソラマメ(空豆、蚕豆)
内房へ釣行した帰りに購入、2009年2月22日

内房海釣り風景
内房海釣り風景(2009年2月22日)


ソラマメの加工品

ソラマメ菓子(空豆、蚕豆) ソラマメ菓子(空豆、蚕豆)
ソラマメ菓子
長崎土産(和代さん←真さん)、2016年9月23日

醤油豆 醤油豆
醤油豆
2015年11月3日、武藤さん土産


トウバンジャン(豆板醤)

豆板醤(トウバンジャン)
ソラマメから作られる中国料理の調味料です。