6月の花#2

【かぎけんWEB】
白河、木場公園で、2004年6月

アカンサス(Acanthus) アカンサス(Acanthus) アカンサス(Acanthus) アカンサス(Acanthus) アカンサス(Acanthus) タブノキ(椨の木) タブノキ(椨の木) ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote) ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote) クマシデ(熊四手) ミツバ ナンテン(南天) ナンテン(南天) ミツバ ウチワサボテン(団扇サボテン ウチワサボテン(団扇サボテン タブノキ クマシデ

アカンサス(Acanthus)、ウチワサボテン(団扇サボテン)、ナンテン(南天)、ムラサキツユクサ(紫露草)、ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)、ミツバ(三つ葉)、クマシデ(熊四手)、タブノキ(椨の木)、など、6月に近所でした写真と説明があります。

●花の種類
アカンサス(Acanthus)  ウチワサボテン(団扇サボテン)  クマシデ(熊四手)  タブノキ(椨の木)  ナンテン(南天)  ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)  ミツバ(三つ葉)  ムラサキツユクサ(紫露草) 

■関連ページ
6月の花#2(2004年)  花暦  花博の花 


アカンサス(Acanthus)
アカンサス(Acanthus)
アカンサス(Acanthus)
2004年6月6日、江東区白河で

アカンサス(Acanthus)とはギリシャ建築の柱頭模様で有名な 耐寒性多年草(宿根草)です。長い花序に唇形をした多数の茶褐色い萼に白い花を付けます。 模様に使われているのは大きな根生葉で、葉が深裂しており、別名 ハアザミと呼ばれるようにアザミの葉に似ています。

一般名:アカンサス(Acanthus)
学名:Acanthus mollis L.(アカンサス・モリス)
別名:アカンサス・モリス(Acanthus mollis)、ハアザミ(葉薊)、 ベアーズ・ブリーチ(Bear's Breech)、ブランク・アーサイン(Brank Ursine)
分類名:キツネノマゴ科ハアザミ属
原産地:地中海沿岸、熱帯アジア
草丈:120cm〜200cm 花期:6〜9月 花序高:50cm
花色:白(茶色い萼) 葉長:50〜60cm

アカンサス(Acanthus)
アカンサス(Acanthus)
アカンサス(Acanthus)
アカンサス(Acanthus)
2004年6月6日、江東区白河で

アカンサス(Acanthus)のページ

ナンテン(南天)
ナンテン(南天)
2004年6月6日、江東区白河で

ナンテン(南天)とは初夏に白い米粒大の花を枝一杯に咲かせる常緑低木です。 冬に実る鮮紅色の小さな球形の実は美しく鑑賞されます。果実は咳止め材料ともなります。 葉は固くて光沢のある小葉が枝の上方に纏まって付きます。 難を転じるということで縁起物とされます。

ナンテン(南天)のページ

ナンテン(南天)
ナンテン(南天)
2004年6月6日、江東区白河で

一般名:ナンテン(南天)
学名:Nandina domestica
別名:ナンテンショク(南天燭)、ナンテンチク(南天竹)
分類名:メギ科ナンテン属
原産地:日本、他
樹高:100〜200cm 開花期:5〜7月 花序形:円錐形 花径:0.5〜0.6cm
果実径:0.6〜0.7cm 実色:赤 果実観賞期:11〜12月
葉色:緑 複葉の小葉長:3〜8cm

ミツバ(三つ葉)
ミツバ(三つ葉)
2004年6月6日、江東区白河で

ミツバ(三つ葉)とは初夏に白くて極小の五弁花を散形花序に付ける 多年草(宿根草)、かつ野菜です。 葉や茎を味噌汁の具や、雑煮やお吸い物の彩り、お浸しなどにして食べます。 花後に小さな白い実がなります。花名は葉の枚数から来ています。

ミツバ(三つ葉)のページ

ミツバ(三つ葉)
ミツバ(三つ葉)
2004年6月6日、江東区白河で

一般名:ミツバ(三つ葉)
学名:Cryptotaenia japonica
別名:ミツバゼリ(三つ葉芹)
分類名:セリ科ミツバ属
原産地:日本、中国、朝鮮
草丈:30〜90cm 開花期:5〜7月 花色:白 葉色:緑  葉の付き方:互生 収穫期:4〜10月 果実色:白

ムラサキツユクサ(紫露草)
ムラサキツユクサ(紫露草)
2004年6月6日、江東区白河で

ムラサキツユクサ(紫露草)とは、  ツユクサ(露草) より花や葉が大きい耐寒性常緑多年草で、茎先に集散状の花をつけます。 花は朝咲いて午前には萎む一日花で花の感じが和風庭園に似合う花です。 同じ科で名前が似ていて間違えやすい花に、  ムラサキゴテン(紫御殿)  があります。

ムラサキツユクサ(紫露草)のページ

ムラサキツユクサ(紫露草)
ムラサキツユクサ(紫露草)
2004年6月6日、江東区白河で

一般名:ムラサキツユクサ(紫露草)
学名:Tradescantia ohiensis
別名:コモンスパイダーウォート(Common-spider-wort)
分類名:ツユクサ科ムラサキツユクサ属
原産地:北アメリカ
草丈:40〜80cm 開花期:4〜8月 花径:2〜3cm
花色:青・紫・赤紫・白・桃

ヒペルカム
ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)
2004年6月6日、木場公園で

ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)とは艶のある黄色い五弁花を一つの茎に たくさんつける耐寒性半落葉低木です。キンシバイ(金糸梅)の園芸品種で、 キンシバイより花弁が大きく黄色味が強く、雄シベが短く、葉も大きいです。 葉は緑色で楕円形をしており、互生して付きます。ビヨウヤナギ(美容柳)にも似ています。

ヒペルカム
ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)
2004年6月6日、木場公園で

一般名:ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)
学名:Hypericum'patulum cv. Hidcote
別名:−
分類名:オトギリソウ科オトギリソウ属(ヒペリカム属)
原産地:中国 樹高:100cm 花径:8cm 開花期:5〜7月 花色:黄

ヒペルカム・ヒドコート(Hypericum Hidcote)のページ

クマシデ
クマシデ(熊四手)
2004年6月6日、木場公園で

クマシデ(熊四手)のページ

クマシデ
クマシデ(熊四手)
2004年6月6日、木場公園で
ウチワサボテン
ウチワサボテン(団扇サボテン)
2004年6月6日、
江東区白河で

ウチワサボテン(団扇サボテン)とは、普通にみかけるサボテンで、 茎は緑色で形は扁平な団扇形や円筒形をしており表面に刺がある多年草です。 初夏に雄シベを多数持った黄色い花を咲かせ、 花後に赤紫色または黄色いカクタスペアーと呼ばれる果実を付けます。 果実は食用とされます。

ウチワサボテン(団扇サボテン)のページ

ウチワサボテン
ウチワサボテン(団扇サボテン)
2004年6月6日、江東区白河で

一般名:ウチワサボテン(団扇サボテン)
学名:Opuntia sp.(オプンティア)
別名:オプンティア(Opuntia)
分類名:サボテン科ウチワサボテン属(オプンティア属)
原産地:メキシコ
開花期:6〜8月 花色:黄 果実色:赤紫・黄 果実長:5〜8cm

タブノキ
タブノキ(椨の木)
2004年6月6日、木場公園で

タブノキ(椨の木)とは、常緑高木で、春に黄緑色の小さな花を咲かせます。 花後に赤い花茎の先に緑色の小さな球形の果実がなります。 材は家具や建築などに、樹皮は黄八丈など黄色の染料として用いられます。

タブノキ(椨の木)のページ

タブノキ
タブノキ(椨の木)
2004年6月6日、木場公園で

一般名:タブノキ(椨の木)
学名:Machilus tunbergii
別名:イヌグス(犬楠)、タブ
分類名:クスノキ科タブノキ属
樹高:20m 木直径:1m 開花期:4〜6月 花色:黄緑 葉長:10〜15cm  葉幅:3〜6cm 結実期:8〜9月 果実径:1cm

タブノキ
タブノキ(椨の木)
2004年6月6日、木場公園で
タブノキ
タブノキ(椨の木)
2004年6月6日、木場公園で