カブトムシ(兜虫)

【かぎけんWEB】
カブトムシとは甲虫目コガネムシ科カブトムシ属の昆虫です。
カブトムシ
昆虫図鑑|節足動物図鑑

カブトムシ&クワガタ カブトムシ カブトムシ カブトムシ

カブトムシ(兜虫) とは、甲虫目コガネムシ科カブトムシ属の大型の甲虫です。
黒光りして戦車のように強く頑丈そうで、兜型の角が魅力的なので特に男子に人気です。
完全変態で、卵から幼虫で2度脱皮し、三齢幼虫が終齢となり、蛹、成虫となります。
本州〜沖縄の山地や林の広葉樹木に生息し幼虫は腐葉土を、成虫は樹液を食べて生活しています。 角を除く全長は30〜55mmで、角を含めると80mmにもなります。雄の方が雌より身体が大きいです。
成虫が地上に出現する時期は7〜9月で、寿命はひと夏で1〜3ヶ月程です。
活動は夜間で、昼間は腐葉土や落ち葉の下で休んでいます。 鳴き声は小さな「シューシュー」という音を立てます。

甲虫の保護「かぶちゃん」

ヘラクレスオオカブト
最大のカブトムシ。

一般名:カブトムシ(兜虫)
学名:Trypoxylus dichotomus
別名:Japanese rhinoceros beetle
分類名:動物界節足動物門昆虫綱甲虫目コガネムシ科カブトムシ属
生息分布:本州〜沖縄 生息環境:山地や林の広葉樹木
全長:30〜55mm(角部を除く)、80mm(角部を含む) 
出現期:初夏〜秋(成虫) 寿命:1〜3ヶ月
食性:樹液、バナナ、リンゴ(成虫) 幼虫(腐葉土) 
活動:夜間に樹液を吸う、昼間は腐葉土や落ち葉の下で寝る 
鳴き声:「シューシュー」と小さな音を立てる
繁殖方法:産卵 一度に雌が産む卵数:1個ずつ産み合計20〜50個
♂の特徴:頭部に大きな角 
備考:甲虫では沖縄のヤンバルテナガコガネについで大きい。
完全変態−卵→幼虫(2度脱皮、三齢幼虫=終齢)→蛹→成虫

■関連ページ
カブトムシ(兜虫)  兜虫のかぶちゃん  ヘラクレスオオカブト  日光花いちもんめ(2019年8月10日)  memo(2013年7月9日)  memo(2013年8月9日)  昆虫図鑑  果物図鑑  食べ物図鑑  旬図鑑  無脊椎動物図鑑  デザート図鑑  素材  memo 

カブトムシ)
昆虫図鑑|節足動物図鑑

カブトムシ&クワガタ カブトムシ カブトムシ カブトムシ
カブトムシ&クワガタ、カブトムシ2
日光花いちもんめ(2019年8月10日)