ニホンジカ(日本鹿)

【かぎけんWEB】
ニホンジカは鯨偶蹄目シカ科シカ属の哺乳類です。
別名:梅花鹿(中国語)、Sika


本州鹿
ホンシュウジカ(本州鹿)

Cervus centralis 日本固有亜種

ニホンジカ ニホンジカ ニホンジカ
ニホンジカ

ニホンジカ(日本鹿、学名: Cervus nippon)は、日本の五島列島などが原産で、鯨偶蹄目シカ科シカ属の哺乳類です。全身暗褐色で尻尾の毛は白い。雄は雌より一回り以上大きく、雄には角が有ります。成獣になると雄と雌は夫々別の集団で生活します。中国語では「梅花鹿(学名:Cervus nippon)」と呼ばれます。

一般名:ニホンジカ(日本鹿)、学名:Cervus nippon、分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱鯨偶蹄目シカ科シカ属ニホンジカ種、別名:梅花鹿(中国語)、Sika、原産地:日本の五島列島など、生息分布:、環境:森林、体長:150cm、体重:70Kg、肩高:100cm、植物:植物食、繁殖:出産、雌が1度に産む仔の数:1匹。

■関連ページ
ニホンジカ(日本鹿)   多摩動物公園の動物(2010年1月17日)  哺乳類


本州鹿

本州鹿
ホンシュウジカ(本州鹿)

Cervus centralis 日本固有亜種


ニホンジカ(日本鹿)

ニホンジカ ニホンジカ ニホンジカ
ニホンジカ(日本鹿)
多摩動物公園(2010年1月17日)