パパイア(Papaya)

【かぎけんWEB】
パパイアとは果肉が橙色をして生食・過熱して食べられる スミレ目パパイア科パパイヤ属の南国フルーツです。
別名:パパヤ(papaya)、モクカ(木瓜)、チチウリ(乳瓜)、common papaw、melon tree

パパイア畑(Papaya)29 パパイア葉18 パパイア花19 パパイア花25 パパイア花 未成熟パパイア 未熟なパパイア 熟したパパイアを半切 熟したパパイアを半切 フルーツ盛り(食前) フルーツ盛り(食後) 茎になるパパイア果実7 茎になるパパイア果実20 商用パパイア(Papaya)30

パパイア(Papaya) とは、大きいものでは樹高10mほどになる スミレ目パパイア科パパイヤ属の常緑低木です。
花は白く、葉は大きく、 カエデ(楓)  のような形をしています。 食用となる果実は、長さ40cm、幅20cm、重さ200g〜4kgほどです。 果皮(果物の皮)は、緑→黄色→橙色→赤と変化します。 果肉は黄橙や橙赤をしており、果実の中央には ゴマ(胡麻)  粒状の黒い小さな種が無数に入っています。 果肉を生食する他、ジュースやアイスクリーム、ジャムにされます。 熟した果肉は橙色をしており、甘く、少しクセがあります。
未成熟な果実には、パパインというタンパク質分解酵素が含まれているので、肉と一緒に炒めると肉が柔らかくなります。 また、痩身効果があることや、シャキシャキとした歯応えがあり、癖も少ないので、 沖縄料理のメニューとなっています。 未成熟な果実の場合は、生では食べずに、必ず調理する必要があります。 葉にもパパインが含まれるので、肉を葉に包んで調理すると同様の効果があります。 繁殖は種で行います。
パパイアのようなトロピカルな果実は他に、 キウイ(Kiwi)や、、 マンゴー(Mango)ドリアン(Durian)、 などがあります。 この内、パパイアに感じが似ているのがマンゴーで、 ふっくらして果皮が赤くなるアップルマンゴーより、果皮が黄色く平べったいフィリピンマンゴーの方が似ています。

一般名:パパイア(papaya)
学名:Carica papaya L.
別名:パパヤ(papaya)、モクカ(木瓜)、チチウリ(乳瓜)、common papaw、melon tree
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱スミレ目パパイア科パパイヤ属
原産地:メキシコ、ブラジル、西インド諸島
樹高:〜10m
葉:楓のような形で大きい 葉色:緑 
花色:白 
果実長:40cm 果実幅:20cm 果実重量:0.2〜4kg 
用途:実を食用 

●関連ページ
パパイア(Papaya)  memory(2013年8月10日)  8月の花(2007年)  8月の花(2006年、竹富島)  マウイのスーパー果物編(2001年8月)  ハ行の花図鑑  果物図鑑  野菜図鑑  花暦2001年版  花暦 


マウイ島のパパイア畑


パパイア(Papaya)
パパイア畑

パパイア(Papaya)
商用で栽培されているパパイア

パパイア(Papaya)、マウイ島で、2001年8月


沖縄


パパイア
白いパパイアの花

パパイア
花と果実が同時に茎に付いています。

パパイア
葉柄は長いですね。

パパイア(Papaya)、2007年8月18日、竹富島
「2007年8月の花」のページから


パパイア18
パパイアの葉は楓のように大きい

パパイア19
パパイア25
茎について咲くパパイアの果実

パパイア20

パパイア(Papaya)
2006年8月、竹富島(沖縄)で


マウイのスーパーマーケット



果物売り場のパパイア(Papaya)
マウイのスーパーマーケットで、2001年8月


未成熟なパパイア

未成熟パパイア
未熟なパパイア
ブセナテラスで、2013年8月10日


未熟なパパイア

未熟なパパイアは体内の脂肪を溶かすと言う宣伝を見たことがあります。
炒め物にして食べようと思います。本当に、効果あるのかな?半信半疑ながら。
未熟なパパイア、2011年11月9日


熟したパパイアを半切
熟したパパイアを半切
縦に2つに切るとゴマのような(もっと大きい)種子が沢山入っています。
果皮を包丁で剥き、この黒い種子を取り除いて残った橙色の果肉を食べます。
熟したパパイアを半切、2012年2月10日


使用前・使用後物語
フルーツ盛り
使用前(食前)
フルーツ盛り合わせ−メロン、西瓜、苺、パイナップル、パパイア、ライム
使用前・使用後物語
使用後(食後 )
パパイアとライム、スイカの皮が残りました。 魚に比べると技術はいりません。
使用前・使用後物語のページ