フキ(蕗)

【かぎけんWEB】
フキとはキク目キク科フキ属の多年草の野菜です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:Edible burdock

フキノトウ(ふきのとう、蕗の董) フキノトウ(ふきのとう、蕗の董) フキノトウ(ふきのとう、蕗の董) フキノトウ(ふきのとう) フキノトウ(ふきのとう) フキノトウ(ふきのとう、蕗の董) フキノトウ(ふきのとう、蕗の董) 茹でて皮剥きし細かく切った蕗 剥かれた皮 さっと胡麻油で調理 蕗料理 水煮フキ(蕗) フキ土佐煮 キャラブキ キャラブキ キャラブキと葉唐辛子 キャラブキと葉唐辛子

フキ(蕗) とは、日本原産で、初春、草丈が低く黄色または黄緑色の花を咲かせる キク目キク科フキ属の多年草で、山菜とされます。
地下茎から花茎を出し花(フキノトウ、ふきのとう、蕗の董)を咲かせ、 花後、雌株は花茎を伸ばして成実し、 地下茎から葉柄(フキ、蕗)を伸ばします。 繁殖は地下茎で行いますが、地下茎は有毒なので食べられません。

食用となる部分
食用となる部分は、花(フキノトウ)と、 花後に伸びる葉柄(フキ)です。

フキのブランド
フキのブランドには、ラワンブキ(北海道)や、秋田蕗(秋田)などがあります。 通常出回っているのは、栽培されたミズブキ(水蕗)であることが多いです。 アイヌの伝承では、フキの葉の下にコロポックル(Koropokkur)という妖精(小人)が住むとされます。

フキの調理方法
山菜の例にもれず、フキはアクが強いので、アク抜き後に調理します。 代表的な食べ方に、 醤油と日本酒、砂糖で煮詰めて濃いきゃらいろ(伽羅色)にし濃付けも濃い佃煮にした「キャラブキ(きゃらぶき、伽羅蕗) 」やフキを醤油と鰹節で煮た「蕗の土佐煮」があります。

家畜には有毒
フキの花と茎は人間の食用になりますが、  ウマ(馬) や、  シカ(鹿) などの草食動物には、 有害で酔ったようになり、  アセビ(馬酔木) と同様、 家畜はフキを食べません。 本能的に毒であることを知っているのでしょうね。

一般名:フキ(蕗)
学名:Petasites japonicus
別名:Fuki(フキ)、Giant Butterbur
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科フキ属
原産地:日本 分布:北海道〜本州、四国、九州の日本、朝鮮半島、中国、サハリン
草丈:30cm 開花期:3〜5月(フキノトウ)、3〜10月(葉柄)  株:雌雄異種 花色:白(雌株)、黄(雄株)  葉柄色:薄緑 葉形:ハート形(腎臓形) 

■関連ページ
フキ(蕗))  尾瀬(2012年5月19日〜20日)  八方(2014年1月13日)  東御苑(2010年2月21日)  内房海釣り(2009年2月22日)  memo(2011年10月5日)  memo(2013年10月27日)  野菜図鑑  食べ物図鑑  ハ行の花図鑑  花図鑑  麹町便り  memo 


フキノトウ(蕗の董)

フキノトウ(ふきのとう)
フキノトウ(ふきのとう)

フキノトウ(ふきのとう)
東御苑で、2010年2月21日


フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)
フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)

フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)

フキノトウ(下)、上の黄色い花はナノハナ(菜の花)
内房フェリー港トイレ、2009年2月22日


フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)
フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)
フキノトウ(ふきのとう、蕗の董)

フキノトウ
尾瀬で、2012年5月19日


フキの醤油炒め(キャラブキほど濃くはしません)
茹でて皮剥きし細かく切った蕗
茹でて皮剥きし細かく切った蕗

剥かれた皮
剥かれた皮

さっと胡麻油で調理
さっと胡麻油と醤油で調理

蕗料理
食卓へ

フキ(蕗)、2013年4月23日


フキ(蕗)
フキ(蕗)の簡単な食べ方 2008年11月10日
茹でてアク抜きし皮を剥いて切った状態。この後、醤油と花鰹を掛ければ一品となります。


フキ土佐煮

フキ土佐煮(和代様より)
2012年4月16日


キャラブキ

キャラブキと豆
きゃらぶき(後方)と黒豆(前方)
2015年12月30日

キャラブキ
きゃらぶき、伽羅蕗)
八方道の駅で購入、2014年1月13日


キャラブキ(きゃらぶき、伽羅蕗)

フキの佃煮=キャラブキ(きゃらぶき、伽羅蕗)
お弁当用市販品、2011年10月5日

キャラブキパック キャラブキ
キャラブキ(左)、葉唐辛子(右)
2013年10月27日