イノシシ(猪)

【かぎけんWEB】
イノシシとはウシ目イノシシ科イノシシ属の動物です。
別名:ニホンイノシシ(日本猪)、Japanese wild pig

イノシシ(猪) イノシシ(猪)
イノシシ(猪)

イノシシ肉(猪肉) イノシシ肉(猪肉) イノシシ肉(猪肉)
猪肉

ボタンナベ(牡丹鍋) イノシシ肉)
ボタンナベ(牡丹鍋)とイノシシ肉

イノシシ(猪) とは、偶蹄目(ウシ目)イノシシ科イノシシ属の野生の哺乳動物です。 イノシシが家畜化され品種改良されててブタ(豚)が作出されました。
本州、四国、九州の里山に生息し、ニホンイノシシとも言います。日本には他に、沖縄にリュウキュウイノシシ(琉球猪、学名:S. scrofa riukiuanus)がいます。
成獣は全身が茶褐色〜黒褐色の剛毛で覆われており、幼獣は黄色地に茶褐色の縞々をしているためウリ坊と呼ばれます。 里山に生息し、ヤマノイモやクズの地下茎、どんぐりなどの堅果、筍などの植物を主として食べますが、他に昆虫やミミズ、ヘビなどの動物も食べます。 肉は赤味で牡丹肉、猪を使った鍋料理は「牡丹鍋」と言われ滋養強壮に富んで美味しいので狩猟対象とされます。
イノシシは、以下の十二支の一番最後に出て来る動物です。
●十二支
鼠、 丑(牛)寅(虎)、辰(竜)、 午(馬)未(羊)申(猿)酉(鳥)戌(犬)

一般名:イノシシ(猪)
学名:Sus scrofa leucomystax
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱偶蹄目(ウシ目)イノシシ亜目イノシシ科イノシシ属イノシシ種
別名:ニホンイノシシ(日本猪)、Japanese wild pig、Wild boar
生息分布:本州、四国、九州 環境:里山の藪
全長:140cm(♂)、120cm(♀) 体重:100Kg 肩高:80cm 尾長:40cm 色:全身茶褐色〜黒褐色の剛毛で覆われる 肉色:赤 
食べ物:ヤマノイモやクズの地下茎、どんぐりなどの堅果、筍、昆虫、ミミズ、ヘビ  繁殖期:12月〜翌年2月 営巣:窪地 出産期:4〜5月 一度にM酢が産む仔の数:4頭 妊娠期間:4ヶ月  寿命:10年 

多摩動物公園(2010年1月17日)

イノシシ(猪)
「『食うてばかりいて、何も考えてへんやろって言われるんやけど、」

イノシシ(猪)

「ワイかて真剣に考えてまっせ、
 これは食えるんやろか、旨いんやろか。命がけの思考でっせ」

多摩動物公園2(2010年1月17日)のページへ


イノシシ肉


イノシシ肉(猪肉)
イノシシ肉(猪肉)
イノシシ肉(猪肉)

猪肉は牡丹鍋の主役です。味噌煮立て食べると臭みが無く軟らかくて美味しいです。
2013年6月20日


牡丹鍋

ボタンナベ(牡丹鍋) イノシシ肉)
ボタンナベ(牡丹鍋)とイノシシ肉