3月の花(2002年)

3月の花(2002年)

2002年3月、浜離宮恩賜公園他

ナノハナ(菜の花) ナノハナ(菜の花) アセビ(馬酔木) ウメ(梅) ボケ(木瓜) ユキヤナギ(雪柳) ヤドリギ(寄生木、宿木) ヤドリギ(寄生木、宿木) ヤドリギ(寄生木、宿木) ヤドリギ(寄生木、宿木)

ようやく春めいた季節になりました。軽やかな女性の服装とともに、街にもようやく赤や黄色と言ったカラフルな草花が増えて来ました。

■関連ページ
3月の花(2002年) 

●花の種類
アセビ(馬酔木)  ウメ(梅)  ナノハナ(菜の花)  ユキヤナギ(雪柳)  デルフィニウム(Delphinium)  ヤドリギ(寄生木、宿木)  ボケ(木瓜)  レンテンローズ(Lenten rose)  モクレン(木蓮) 


●ナノハナ(菜の花)
2002年3月、浜離宮恩賜公園
ナノハナ(菜の花) と塩留再開発

浜離宮というと浜松町というイメージですが、 汐留サイト(これは建設中の写真)とすぐ隣近所の関係です。 菜の花畑の黄色で埋め尽くされた一角。

ナノハナ(菜の花)

ここからは、魚市場(築地)や新橋、銀座もすぐ近くにあります。

ナノハナ(菜の花)

だいぶ莢が多くなっています。 菜種油になるのか、それとも来年の種として使われるのか、興味がありますね。

ナノハナ(菜の花)
ナノハナ畑

ナノハナ(菜の花)のページ

一般名:ナノハナ(菜の花)
学名:Brassica rapa var.amplexicaulis
別名:ハナナ(花菜)、アブラナ(油菜)、ナバナ(菜花)、ナタネ(菜種)
科属名:アブラナ科アブラナ属(Brassica)
原産地:中国

草丈:50〜80cm 開花期:1〜5月 花色:黄 花序径:5〜10cm  し等にして食べます。花からは蜜が採取されます。 花後に付くサヤ(莢)の中にある実から菜種油が採られます。 菜の花には、他にも種類があり、縮緬白菜系の花菜が切花として用いられています。


 
●アセビ(馬酔木)
2002年3月、皇居外苑
アセビ(馬酔木)

アセビ(馬酔木)のページ

アセビ(馬酔木)は、枝先についた花穂(複総状花序)に白または桃色の スズラン(鈴蘭) や ドウダンツツジ(満天星躑躅) に似た 壷形または釣鐘型をした小花を多数つけ下

垂して咲かせる耐寒性常緑低木です。 花の先端は浅く5裂しています。秋に炸果(サクカ)状の果実を付きます。 葉は濃緑色で互生します。馬や鹿などの草食動物が食べると有毒です。 庭木や盆栽などに使われる他、床柱にも用いられます。

一般名:アセビ(馬酔木)
学名:Peris japonica
別名:アシビ 、アセボ、アセミ(いずれも、馬酔木と書きます)
科属名:ツツジ科アセビ属
原産地:日本、中国
樹高:200〜500cm 花色:白・桃 花長:0.7〜1cm 開花期:2〜5月  結実期:9〜10月 果実径:0.5〜0.6cm 葉身:5cm


 
●ユキヤナギ(雪柳)
2002年3月、浜離宮恩賜公園
ユキヤナギ(雪柳)

ユキヤナギ(雪柳)のページ

ユキヤナギ(雪柳)は、春に柳状の枝に米粒程の小さな花を咲かせるバラ科シモツケ属の耐寒性落葉低木です。ユキヤナギ(雪柳)という花名は、雪がヤナギ(柳)に舞い降りたような草姿に見えることからつけられました。 草姿は、同科同属であるバラ科シモツケ属で、白い小花が密集して枝につく  コデマリ(小手毬)や、 シジミバナ(蜆花) と似ています。

一般名:ユキヤナギ(雪柳)
学名:Spiraea thunbergii
別名:コゴメバナ(小米花)、thuberg spirea
科属名:バラ科シモツケ属
原産地:日本、中国
樹高:1〜1.5m 花期:3〜4月 花色:白・ピンク(まれに) 花径:1cm


 
●デルフィニウム(Delphinium)
2002年3月、尾瀬岩鞍
デルフィニウム(Delphinium)
ホテルの部屋の一輪挿し

一般名:デルフィニウム(Delphinium)
学名:Delphinium×cultorum
別名:ヒエンソウ(飛燕草)
科属名:キンポウゲ科デルフィニウム属

デルフィニウム(Delphinium)は、元々はブルーが主でしたが、 今では白やピンク、赤、黄色など豊富な色のものがあります。 八重咲き(クルトルム系)と一重咲き(ベラドンナ系)に分けられます。 切り花として人気です。

デルフィニウム(Delphinium)のページ


 
●紅梅・白梅
2002年3月、浜離宮恩賜公園
紅梅・白梅 紅梅・白梅
●梅八重
2002年3月、浜離宮恩賜公園
梅八重 梅八重
●水仙
2002年3月、築地
水仙
●木蓮の蕾
2002年3月、赤城山SA
木蓮の蕾
木蓮の蕾がふくらんできました。
●デイジー
2002年3月、麹町
デイジー
可愛らしい花ですね。
●シクラメン
2002年3月、麹町
シクラメン

■レンテンローズ(Lenten rose)

レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose)
2002年3月、麹町で撮影

レンテンローズ(Lenten rose)は、クリスマスローズと似ていますが、レンテンローズは草丈が40〜60cmなのこちらの方が大きいです。クリスマスローズが白花の冬咲き種なのに対して、レンテンローズの花色には赤やピンク、白、緑色など多数色あり、春咲き種なので2〜3月頃に開花します。原産地は西南アジアです。

レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose)
2002年3月、麹町で撮影

一般名:レンテンローズ
学名:Helleborus orientalis(ヘレボラス・オリエンタリス)
別名:ヘレボラス(Helleborus)
科属名:キンポゲ科クリスマスローズ属

花
ヒイラギナンテン
2002年3月、麹町で撮影

ヒイラギナンテンの葉の周辺は鋸(のこぎり)の歯のようで痛そうです。黄色い小花を咲かせます。

花
2002年3月、麹町で撮影
花
ヤドリギ(寄生木、宿木)
2002年3月、尾瀬岩鞍で撮影

春先のスキー場などで見かける光景です。鳥が巣を作っているのかと思いましたが、寄生植物が落葉樹の幹に寄生根をくいこませているのでした。

ヤドリギ(寄生木、宿木) は、ビャクダン科ヤドリギ属の潅木です。ポプラなどの落葉樹の幹に寄生根を食い込ませる寄生植物です。

ヤドリギ(寄生木、宿木)
ヤドリギ(寄生木、宿木)
2002年3月、尾瀬岩鞍で撮影
左の写真を拡大したものです。

一般名:ヤドリギ(寄生木、宿木)
学名:Viscum album subsp. album
別名:オウシュウヤドリギ(欧州宿木)、Mistletoe、Common mistletoe
科属名:ビャクダン科ヤドリギ属
原産地:欧州 花色:黄緑 花径:2cm

ヤドリギ(寄生木、宿木)
ヤドリギ(寄生木、宿木)
2002年3月、尾瀬岩鞍で撮影

欧州を電車で旅しているときも結構見掛けました。海外では神聖な木とされ、クリスマスの飾りとなります。

ヤドリギ(寄生木、宿木)
ヤドリギ(寄生木、宿木)
2002年3月、尾瀬岩鞍で撮影
左写真を拡大したものです。
ボケ(木瓜)
ボケ(木瓜)
2002年3月、浜離宮恩賜公園で撮影

ボケ(木瓜) は、花弁がふんわりとして色もとても上品で美しい花なのに、名前がいささか気の毒なバラ科ボケ属の落葉低木です。 冬に咲く寒ボケと春に咲くボケがあります。ボケは盆栽や庭木に使われ、多数の園芸品種が作られています。 ボケには球形の実がなりますが、生食はせず、果実酒や鎮痛剤の材料として用いられます。 葉形は(長)楕円形をしており、葉縁には鋸歯があります。枝には鋭い棘があります。

ボケ(木瓜)
ボケ(木瓜)
2002年3月、浜離宮恩賜公園で撮影

一般名:ボケ(木瓜)
学名:chaenomeles speciosa
別名:カラボケ(唐木瓜)
科属名:バラ科ボケ属
原産地:中国
樹高:200〜300cm 花径:2〜3cm 花色:橙・赤・白・桃色 開花期:11月〜翌年4月 果実径:5〜7cm 果実長:10cm