タラ(鱈)

【かぎけんWEB】
タラとはタラ目タラ科の海水魚です。

マダラ(真鱈) マダラ(真鱈) 甘塩タラ タラコ(鱈子) タラコ(鱈子) 明太子 辛子明太子

タラ(鱈)は、食用とされるタラ目タラ科の大型の海水魚です。 主に、北海道〜東北以北の北日本の寒流域で獲れます。

タラ科の代表魚
日本で獲れるタラには、 マダラ属の  (真鱈、学名:Gadus macrocephalus、別名:Pacific cod) や、 スケトウダラ属の スケトウダラ (介党鱈、学名:Theragra chalcogramma、別名: スケソウダラ、Alaska pollock)、 コマイ属のコマイ(氷下魚、学名:Eleginus gracilis、別名:Saffron cod) がいます。

たらふく食べる?
単にタラといえばマダラのことを意味します。 鱈という漢字は、魚偏に雪と書きますが、それは雪が降る季節、冬に浅い沿岸に寄ってきて 産卵する時に捕獲されて我々の食卓に上ることに因みます。
口が大きく肉食性で タコ(蛸) などの軟体動物や、  エビ(海老) や、 カニ(蟹)  等の甲殻類、腹が膨れる程貪欲に食べる大食漢なので、 「タラ腹食べる」、「やタラと食べる」の語源となっています。

貴重な食用魚
白身の魚で、水分が多く、身がほろほろと崩れやすく、鮮度が落ちやすいので、 鍋物や干物、塩漬けなどにされます。
韓国の珍味「チャンジャ」は鱈の胃を発酵させて作った食品です。 高級蟹であるタラバガニ(鱈場蟹)の名は、鱈と漁場を同じとすることから付けられました。 タラの卵巣はタラコ、精巣はタチ、タツ、キクコと呼ばれます。 また、スケトウダラの卵巣はスケ子と呼ばれます。中国ではメンタイと呼ばれることから、 タラコを トウガラシ(唐辛子)  で漬けたものをメンタイコ(明太子)と呼んでいます。

一般名:タラ(鱈)
学名:Gadus macrocephalus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門硬骨魚綱タラ目タラ科
全長:30(コマイ)〜70cm(スケトウダラ)〜120cm(マダラ)〜200cm(タイセイヨウダラ)  食べ物:タコなどの軟体動物や海老や蟹等の甲殻類を食べる肉食性  産卵期:冬〜春 

■関連ページ
タラ(鱈)  マダラ(真鱈)  スケトウダラ(介党鱈)  2010年2月18日  魚類図鑑  食べ物図鑑  麹町便り  memo 


真鱈

マダラ(真鱈) マダラ全身

マダラ(真鱈)
マダラ(真鱈) 2010年2月18日

甘塩タラ塩焼き 甘塩タラ塩焼き 北海道産 2014年9月25日

生タラコ(生鱈子) 生真鱈の卵巣 加工前 真鱈の卵巣で、冬〜春が旬です。
市販品-青森産、2010年2月16日

タラコ(鱈子) 自家製タラコ(鱈子) 上の生真鱈の卵巣を塩、醤油で漬けた(加工後)
青森産真鱈の卵巣を利用、2010年2月17日

スケソウ鱈

明太子 市販の明太子(めんたいこ、メンタイコ) 2011年11月4日

辛子明太子 市販の着色カラシメンタイコ(辛子明太子) 2014年9月21日