マ行の使用前後物語【かぎけんWEB】

使用前・使用後、食前・食後の面白写真集

鯵なめろう食前 鯵なめろう食後

「使用前・使用後物語」の分量が増えて、ページが重くなったので、 幾つかに分類することにしました。 ここには、「マ行」の物語があります。 ■関連ページ
使用前・使用後物語−マ行 使用前・使用後物語  釣りカレンダー  akiフェリー港釣り(2010年11月7日)  魚図鑑  麹町便り  memo  魚編  果物編  銀行編  駅編  首相官邸編 



ギョギョッ編(魚貝類編)

使用前(食前) 使用前・使用後物語 使用後(食後)

●マアジ(真鯵)
鯵刺し使用前
釣り鯵刺身(食前)
鯵刺し使用後
釣り鯵刺身(食後)
食前−マアジ
釣り鯵刺身(食前)
食後−マアジ
釣り鯵刺身(食後)
鯵なめろう食前
なめろう姿作り(食前)

「なめろう」とは魚を細かく刻んで酢味噌で和えた料理です。

鯵なめろう食後
なめろう姿作り(食後)

食べ方と写真写りが洗練度を増し 芸術の域にまで入って来ました(?)

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)なめろう姿作り(食前)

なめろうは魚の鮮度や使う味噌により味が異なるので結構はまります。 こちら側(後側)から撮った写真は珍しいでしょう!?

アジ(鯵)
鯵なめろう姿作り(食後)

左の写真では見えませんが、かっては頭もありました。 食魔に生(ナマ)のまま食べられました。 尻尾はさすがに固いせいか、かろうじて残されました。

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)のなめろう姿作り(食前)

本職さんが作った鯵なめろうの姿作り(食前)です。 さすがに鮮やかな盛り付けです。

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)なめろう姿作り(食後)

頭は消失し(食べられ)、虚しく尻尾と胸鰭、 串のみが笹船となった笹の葉上に乗船されいます(食後)。

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)のなめろうと鯵姿作り(食前)

食魔が作った鯵のなめろうと鯵姿作りの(食前)写真です。 プロ並と言うのはおこがましいですが、中々の味と仕上がりでしょ。

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)のなめろうと鯵姿作り(食後)

ご馳走後の写真です。何も残っていないので不気味だと思いますが、 なんと頭は勿論、尻尾も、背骨も食べられました。 いつの世でも、「事実は小説より奇なり」ですね。

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)の姿作り(使用前)
と言っても、身は既に食べられています。
アジ(鯵)
マアジ(真鯵)の姿作り(使用中)
油で揚げられました。

使用前・使用後物語
鯵の姿作り(使用後)
全部食べられて跡形もなくなりました。
アジ(鯵)
マアジ(真鯵)刺身(食前)

今は頭も背骨もありますが、

アジ(鯵)
マアジ(真鯵)刺身(食後)

食後には串だけが残りました。 辛うじて尻尾の先だけが残りました。


●マイワシ(真鰯)
イワシ(鰯)
マイマシ(真鰯、いわし)姿作り(食前)

綺麗に皿に盛られた鰯の姿作りです。 尻尾が威勢よくピーンと跳ね上がり竹串なんかで留められて恰好良いですね。 背骨が見えないようにオオバが敷かれ、 その上に丁寧に下拵えされた鰯の切り身が乗っています。 薬味やツマに  ワサビ(山葵)と、 ショウガ(生姜)、 赤芽が添えられ、食欲がそそられますね。 料理の仕上げに菊の花弁なんかをパラパラっと散らすなんぞ、 板さんの芸が冴えています。

イワシ(鰯)
マイマシ(真鰯、いわし)姿作り(食後)

何ですかぃ、これは。まったく何を考えていることやら。 残ったワサビと生姜を固めて盛り上げ、 そこに赤芽で目なんぞ描いちゃって。 おまけに頭上に鰯で唯一残った尻尾を逆さに被せて兜なんて言って、 ほんとにしょうがないだから。 食後の盛皿には串と薬味と鰯の尾しか残りませんでした。

イワシ(鰯)
ワサビで作った芸術
マイワシ(真鰯)姿作り(食後)の拡大写真
イワシ(鰯)
マイワシ(真鰯)姿作り(食前)ー拡大図

秋は鰯(イワシ)が安くて美味しいですね。 この写真は食前の綺麗に姿作りされた写真です。
しかし、...→

イワシ(鰯)
マイワシ(真鰯)姿作り拡大−食後

食後はこんな姿に変えられました。 食魔(食べた本人)に言わせるとバニーガールの耳だそうです。 イワシの尻尾はバニーちゃんの耳に、ワサビは兎の顔に、 赤芽は兎の赤い目にされてしまいました。そう見えますか?

イワシ
マイワシ(真鰯)鰯姿作り全体写真(食前)

上の全体写真です。食前はたしかにイワシ1匹、ツマの若芽と赤芽、 わさび、それから串が1本あったのです が、、...→

イワシ
マイワシ(真鰯)姿作り全体写真(食後)

同じく上の全体写真です。 食後はバニーの耳が出来ました。 耳はイワシの尻尾から、顔はわさびから、目は赤芽から、 串は静かに横たわっているだけです。


●マダイ(真鯛)

塩焼き尾頭付-使用前(食前)

塩焼き尾頭付-使用後(食後)

●マダゴ(真蛸)
マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 茹で上げ前
マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 茹で後
マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 調理前
マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 調理後

●ミル貝
使用前・使用後物語
ミル貝刺身(使用後)
刺身になって出て来る貝には当然ながら、骨等のような固いものがないので、 油断して使用前の写真を撮ておきませんでした。 貝の自然の柄を利用して、皿に残っている  ワサビ(山葵)  とガリで顔を作ってみました。少年の顔に見えないでしょうか。

●ムツ
ムツ(陸奥)
ムツ(陸奥)

ムツ煮付け(食前)

身はホクホクして美味しいです。 上は顔のドアップ写真です。エラが張っています。 そりゃそうだ。だって魚ですもの。

ムツ(陸奥)
ムツ(陸奥)

ムツ煮付け(食後)

角度を変えて身体を起こして撮りました。 上は顔のドアップ写真です。正直、かなり怖いです。 レモンはヒーヒー言われながら食べられました。


●ムラソイ(斑曹以)
ムラソイ(斑曹以)
ムラソイ煮付け(食前)

城ヶ崎海岸で釣ったムラソイです。 お腹には大きな蟹が丸ごと入っていました。

ムラソイ(斑曹以)
ムラソイ煮付け(食後)

蟹は丁寧に葬られ、そいでソイは煮付けにされ食べられました。

釣り場3
ムラソイの釣れた所

●メジナ・ゴンズイ・ベラ煮付け
メジナ・ゴンズイ・ベラ煮付け
メジナ・ゴンズイ・ベラ煮付け食前
2008年7月26日

アソ下海釣り(2008年7月26日)

使用後
メジナ・ゴンズイ・ベラ煮付け食後
2008年7月26日

ここで注目株?はゴンズイです。 危険な針毒を持っていますが、煮つけにして食べてしまいました。


●メヌケ(目抜け
メヌケ(目抜け)
目抜けの煮付け(使用前)

これは見るからに楽勝で全部食べられそうです。

使用前・使用後物語
目抜けの煮付け(使用後)

当初思った通り全部食べられました。


●メバル(眼張)
メバル煮付け食前-若洲釣り
メバル煮付け、2008年1月27日
使用前(食前)
自分達で釣ったばかりの魚を調理して食べると殊のほか美味しく感じられるものです。 この魚もそう。これは22cmのメバルで、早速、煮付けにして頂きました。
メバル食後-若洲釣り
メバル煮付け、2008年1月27日
使用後(食後)
可愛い目をしていて、食べるのが可哀相なのですが、 これだけ綺麗に食べればメバルも許してくれるかな(んな訳、ありませんね)
夕日
釣り場から眺める夕日
若洲海釣り奮戦記(東京湾、2008年1月27日)
メバル(眼張)
眼張煮付 食前
メバル(眼張)
眼張煮付

こんな所で釣りました。
食後若洲人工磯釣りの釣果、2008年4月26日