キャベツ(Cabbage)

【かぎけんWEB】
キャベツはフウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:Cabbage(キャベッジ、英語)、Chou(シュ、フランス語)、 Kohl(コール、ドイツ語)、カンラン(甘藍)、タマナ(玉菜)
キャベツ(Cabbage)

キャベツ(Cabbage) 朝の野菜サラダ キャベツ

芽キャベツ

メキャベツ(芽Cabbage) 芽きゃべつ 芽キャベツ 芽キャベツ

キャベツ(Cabbage) は、フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の多年草/一年草で、一般によく食べられる野菜です。

●葉の付き方
葉は、まず、外側が出来て芯から新しく出た葉が成長しながら外側に向かい、 最初の葉に堰き止められて、葉が詰まって内側が充実するようにして巻いていきます。

●野菜としてのキャベツ
薄緑色をして結球したものが一年中、市場に出ていますが、春キャベツは甘く柔らかいです。味は淡白で癖が無いので、和洋中華料理に使えます。生で、サラダや、トンカツの刻みキャベツ、お好み焼き、浅漬け、炒め物、ロールキャベツ、蒸し煮や、点心を蒸す際に敷いて器に身が着くのを防いだり、胃腸薬の原料ともされます。 ビタンミン類が豊富で、ビタミンC、A、B1、U、カロテン、カルシウムが含まれます。

●キャベツの仲間
キャベツの仲間には、 原種のケール、 茎を食べるコールラビ、 花を食べる  ブロッコリー(Broccoli) や カリフラワー(Cauliflower) 、 腋芽を食べる 芽キャベツ 、 花を観賞する ハボタン(葉牡丹) 、 紫色をした紫キャベツ等があります。

一般名:キャベツ(Cabbage)
学名:Brassica oleracea L. var. capitata
別名:Cabbage(キャベッジ、英語)、Chou(シュ、フランス語)、 Kohl(コール、ドイツ語)、カンラン(甘藍)、タマナ(玉菜)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属
原産地:地中海沿岸
草丈:30cm 葉形:球形 球径:30cm 葉色:薄緑 花色:黄

■関連ページ
キャベツ(Cabbage)  農産物図鑑  食べ物図鑑  花図鑑  花暦 


キャベツ

キャベツ(Cabbage)
キャベツ(Cabbage)


キャベツ料理

朝のサラダ
シソ(紫蘇)マガキ(真牡蠣)天麩羅キャベツ(Cabbage)千切りマイタケ(舞茸)
レタス(Lettuce)ニンジン(人参)糠漬けキュウリ(胡瓜)糠漬けトマト(Tomato)
ワカメ(若布)ゴマ(摺り胡麻)
キャベツは千切りで朝のサラダに
2011年12月6日


メキャベツ(芽キャベツ)
キャベツの茎の脇芽に付いたものが芽キャベツです。

メキャベツ(芽Cabbage) 芽きゃべつ
メキャベツ
2014年12月7日

芽キャベツ
メキャベツ
2014年1月29日

メキャベツ
メキャベツ(左)
マウイ島、2001年8月