スジクロカバマダラ(筋黒樺斑)【かぎけんWEB】

スジクロカバマダラとはチョウ目アゲハチョウ上科タテハチョウ科スジクロカバマダラ属の蝶です。
別名:コモンタイガー(Common tiger)

スジクロカバマダラ

スジクロカバマダラ(筋黒樺斑) とは、宮古島以南の海岸沿いの林道〜山地に自生する チョウ目アゲハチョウ上科タテハチョウ科スジクロカバマダラ属のの蝶です。
全長は前翅長で4cm、開帳で8cmほどあります。翅色は明るい橙色(樺色)地に黒く明瞭な太い筋が入ります。 翅先には白と黒模様があります。 成虫はタチアワユキセンダングサ、幼虫はリュウキュウガシワなどを食べます。 1年中活動し、緩やかに飛びます。 幼虫時から体内に毒を蓄積し成虫になっても毒を保有します。 オスの後翅裏中央部には黒丸があり性標となっています。 雌は葉や花に1個づつ卵を産みます。

■関連ページ
スジクロカバマダラ(筋黒樺斑)  石川県ふれあい昆虫館【温室】(2015年10月12日)  花図鑑  昆虫図鑑  虫/両生類  似たもの図鑑  麹町便り  memo 

一般名:スジクロカバマダラ(筋黒樺斑)
学名:Salatura genutia
分類名:動物界節足動物門昆虫綱チョウ目アゲハチョウ上科タテハチョウ科スジクロカバマダラ属
別名:Common tiger
生息分布:宮古島以南 生活環境:海岸沿いの林道〜山地
全長:4cm(前翅長)、8cm(開帳) 翅色:明橙色(樺色)地に黒く明瞭な太い筋が入り、翅先には白と黒の模様があります。 活動期:1年中 飛翔:緩やかに飛ぶ 食性:リュウキュウガシワ(幼虫)、タチアワユキセンダングサ(成虫)
備考:体内に毒あり、オスは後翅の裏中央部に黒丸あり

●石川県ふれあい昆虫館【温室】(2015年10月12日)

スジクロカバマダラ
スジクロカバマダラ

石川県ふれあい昆虫館【温室】(2015年10月12日)