ワタ(綿)

【かぎけんWEB】
別名:コットン(Cotton)、ツリーコットン(tree cotton)

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

ワタとは布団綿の原料となるアオイ目アオイ科ワタ属の一年草(多年草)です。

アオワタ アオワタ ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿) ワタ(綿)

ワタ(綿)は、いわゆる布団綿の原料となるアオイ目アオイ科ワタ属の一年草(多年草)です。
ポップコーンのように白く弾けた綿毛が楽しいです。
原産地はインドで、高温と多雨を好みます。
花色は黄色で、花芯中央が濃赤紫をしています。
葉はカエデの葉に似ており、3〜5裂に裂けています。

ワタの種子の毛は綿花として、紡績原料や布団の綿、脱脂綿、火薬やセルロイドの原料となります。
綿の種子である棉実から採った綿実油は食用油や、マーガリン、石鹸、催乳薬の原料となります。
根皮は通経薬となります。 綿実油を絞ったカス(粕)は飼料や肥料として使われます。

一般名:ワタ(綿)
学名:Gossypium arboreum
別名:コットン(Cotton)、ツリーコットン(tree cotton)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目アオイ科ワタ属
原産地:インド
草丈:100〜300cm 開花(実の観賞)期:8〜11月 花色:黄地+中央の芯が濃赤紫色、紫、花径:5cm

■関連ページ
ワタ(綿)  変化朝顔sony(国立歴史民族博物館くらしの植物苑、2020年8月13日)  筑波実験植物園(2009年5月2日)  ワ行の花図鑑 


●ワタ(綿)

アオワタ アオワタ
アオワタ=ワタ(綿)
変化朝顔sony(国立歴史民族博物館くらしの植物苑、2020年8月13日) >


ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)

ワタ(綿)
筑波実験植物園で、2009年5月2日


ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)
ワタ(綿)

ワタ(綿)、2003年11月、木場公園

ワタ(綿) ワタ(綿)
プランターに植えられたワタ(綿)
木場で、2003年1月1日