ニホンイヌワシ(日本犬鷲)

【かぎけんWEB】
ニホンイヌワシはタカ目タカ科イヌワシ属の中型の猛禽です
英名:Japanese Golden Eagle

ニホンイヌワシ ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ(日本犬鷲、学名:Aquila chrysaetos japonica)は、日本、朝鮮半島原産で、です。 日本では、北海道〜本州、四国、九州の山岳地に生息します。 北半球に生息するイヌワシ(犬鷲、学名:Aquila chrysaetos )5亜種の1つで、その中では最も小さい。 ヤマドリや、ノウサギ、蛇、キツネ等の小中型の動物を捕食します。
英名では、ジャパニーズゴールデンイーグル」(Japanese Golden Eagle)と呼ばれます。 岩手県岩泉町と共に、宮城県北上町がイヌワシ繁殖地に指定されたことから、宮城県に本拠地を置くプロ野球チームが「東北楽天ゴールデンイーグルス」と命名されました。

一般名:ニホンイヌワシ(日本犬鷲)
学名:Aquila chrysaetos japonica
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱タカ目タカ科イヌワシ属ニホンイヌワシ種、
別名: ジャパニーズゴールデンイーグル」(Japanese Golden Eagle)
原産地:日本、朝鮮半島、生活環境:日本の北海道〜本州、四国、九州の山岳地
全長:約80 cm、翼開長:200 cm、体重:4 Kg、全身の羽衣色:焦げ茶、後頭部の羽衣色:黄色茶、
食性:ヤマドリや、ノウサギ、蛇、キツネ等の小・中型の動物、産卵期:2月、

■関連ページ
ニホンイヌワシニホンイヌワシ 
多摩動物公園の鳥(2010年1月17日)

鳥図鑑ズーラシアの動物memo 


●ニホンイヌワシ(日本犬鷲)

ニホンイヌワシ ニホンイヌワシ
ニホンイヌワシ(日本犬鷲)
多摩動物公園の鳥(2010年1月17日)