ムラサキハンゲ

割と珍しいムラサキハンゲが身近にありました

科学技術部長のかぎけんへの通勤はJRで最寄り駅四ツ谷駅から麹町のかぎけんまで徒歩です。その途中に旧弘済会館があり現在解体工事中です。その前は植栽になっていてちょっとした庭園風になっています。

そこに生えていたのがマムシグサを小さくしたような植物。むしろ長いつる状のものが上に伸びているのでウラシマソウに近いか?いずれにしても大きさがあまりに違うので種類が違うことは分かりました。

カラスビシャクにも似ていますが、カラスビシャクは色が緑で紫色の仏炎苞にはなりません。結局ムラサキハンゲという植物らしいのですが、面白い造形ですよね。

結構な数が生えていて、この写真。なんとなく、上司に叱られている同僚をはた目から「気の毒になー」と思ってみている、シーンを思い浮かべたのですが、そんな風に見えませんか?

ムラサキハンゲ 上司、同僚A、本人
ムラサキハンゲ 上司、同僚A、本人