株式会社 科学技術研究所
ホーム > 電磁波解析事例 > 光学 > 表面プラズモンの解析
表面プラズモンの解析

モデルの属性と入射光の角度により、表面プラズモン共鳴が起き、反射波にディップができることをKeyFDTDを使って数値シミュレーションした例です。
左のモデル(Au板+PS板)では、ある角度で表面プラズモン共鳴が起き、反射波にディップができることがわかります。

プラズモンの解析モデル(左:Au板+PS板、右:PEC板)

プラズモンの解析モデル(左:Au板+PS板、右:PEC板)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算前)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算前)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算後)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算後)

PDF:表面プラズモンの解析

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード