ホーム > 電磁波解析事例 > ナノ粒子・ナノデバイス > 表面プラズモンの解析

表面プラズモンの解析

Abstract

モデルの属性と入射光の角度により、表面プラズモン共鳴が起こり、反射波にディップができることをFDTD法で計算した。

 

解析モデルと解析条件

  ●サンプルモデルの属性
  サンプルモデル①(Au 板+PS 板)
   Au 板 :9910nm×48nm、物性値=Gold(金)
   PS 板 :9910nm×50nm、物性値=Polystyrene(ポリスチレン)
  サンプルモデル②(PEC 板)
   PEC 板 :9910nm×98nm、物性値=PEC(完全導体)
  サンプルモデル①②共通
   ガラス :板上部、物性値=Glass For Light(ガラス)
   空気 :板下部、物性値=Vacuum(真空:空気の場合も真空になります)
  ●サンプルモデル解析条件
   境界条件 :X軸Y軸方向 MUR1(G.Mur の提案した1次元の吸収境界条件)
   入射光 :波長 700nm、60°を中心としたガウス波

 

解析結果

サンプルモデル(Au板+PS板)では、ある角度で表面プラズモン共鳴が起き、反射波にディップができることがわかった。

プラズモンの解析モデル(左:Au板+PS板、右:PEC板)

プラズモンの解析モデル(左:Au板+PS板、右:PEC板)

 

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算前)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算前)

 

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算後)

プラズモンの解析結果(左:Au板+PS板、右:PEC板、積算後)

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード