株式会社 科学技術研究所
ホーム > 電磁波解析 > 電磁波解析ソフトKeyFDTD

電磁波解析ソフトKeyFDTD

 

電磁波解析ソフトKeyFDTDでは、 FDTD法を用いて解析結果をリアルタイムに可視化しながら解析を行うことが出来ます。 本ソフトは、ソルバー(KeyFDTD)・モデリング(KeyModel)・データ可視化(KeyPlot)の3つのソフトがセットになっています。

テラヘルツ、ナノ素材、フォトニック結晶、マイクロ波加熱、アンテナ、プラズモン、レンズ、近接場光、導波管など様々な分野の電磁波解析が可能です。 シンプルな操作で電磁波解析に詳しくない方でも使いこなすことができ、同時に充実した機能で解析を専門に行っている方にも満足していただけます。 自社開発ソフトですので開発技術者が直接サポートを行い、必要に応じてユーザー専用のカスタマイズされた電磁波解析ソフトウェアの提供も可能です(有償)。尚、KeyFDTDにはコードサイニング証明書が付与されておりますので、安心して最新バージョンを速やかに弊社WEBページからダウンロードすることが可能です。

KeyFDTDの特徴
■ 国産ソフト(日本語完全対応)

日本国内の開発元・開発者によるので、GUI、マニュアル、解析事例などの文書が全て日本語です。日本人の開発者・技術者が直接サポートします。

■ 解析中のリアルタイム結果表示

解析中に結果をリアルタイムに見ながら電磁波解析ができます。現象が非常に理解しやすいうえに、長時間待って得られた結果が思わしくないというのはKeyFDTDでは起こりません。

■ リーズナブルな価格

KeyFDTDはソルバーだけでなくモデリング、データ可視化のソフトすべてを自社開発しているため、 同等精度の他社製品と比べて非常に低価格で提供しております。

■ ユーザーサポート

メールによる質問の回答、ユーザーページ、ユーザーセミナーなどで、ソフトのご利用をサポートいたします。

■ FAQ

・解析モデル作成
・解析可能な物質
・FDTD解析
・PC環境
・KeyFDTDパッケージについて

 

■ 解析モデル作成
  • expand_less Q)建物のような大きな場所での解析は可能でしょうか?

    A)一般的には、解析空間の大きさに対して、波長が20分の1~20倍程度の解析が可能です。FDTD法の解析特性として対象とする波長により異なるため、どのような条件で解析されるかをお知らせいただければ具体的に回答いたします。

  • expand_less Q)解析モデルを容易に変更または設定することはできますか?

    A)プレビュー表示を確認しながらの変更、設定が可能です。

  • expand_less Q)設定できる図形の形状にはどのようなものがありますか?

    A)直方体、円錐/円筒、球、楕円体、楕円柱、六面体、四面体、三角柱等の他、3次元CADをお持ちであれば、STL などでインポートすることが可能です。

  • expand_less Q)分割するセルの間隔は最小何nmまで可能ですか?

    A)KeyFDTDでは、メッシュ数の限界はOSが認識できる実メモリ容量まで使用可能です。 しかし、解析時間等から快適な使用ができるのは、マシン環境にもよりますが、 一千万メッシュ(例えば200×200×200メッシュ)程度ではないかと思われます。 ※メモリ容量が多いほど、比例して扱えるメッシュ数も増えますが、 メッシュ数が増えるほど、計算時間もかかります。

 

■ 解析可能な物質
  • expand_less Q) KeyFDTDに標準で含まれる物性データはどの位ありますか?

    A)材料としては、電磁波で一般的な200種類程の物性データを標準装備しています。光学材料については、標準的な40種類程のデータを組み込んでいます。

  • expand_less Q) 光学材料の測定データや公開データを読み込むことはできますか?

    A)各波長に対する複素屈折率を含むcsv形式ファイルを読み込むことができます。

  • expand_less Q) 屈折率データをインポートした場合値の補間は行っていますか?

    A)誘電率が正の場合は内挿、外挿します。誘電率が負になる場合は設定が異なり、DebyeやDrude、Lorentzモデルの係数を指定して波長分散を設定します。

  • expand_less Q)足りないデータは追加できますか?

    A)自由に物性値を追加、変更することができます。また、上記のように、一般的な光学データベースの読み込みに対応している他、ユーザー様にて収集された物性値等の読み込みも可能です。

 

■ FDTD解析
  • expand_less Q)負の誘電率を解析できますか?

    A) KeyFDTDはRC-FDTD法に対応しているため負の誘電率でも解析できます。DebyeやDrude、Lorentzモデルにより波長分散を近似し、各位置の電束密度を誘電率と電界の積で帰納的に畳み込み積分して負の誘電率を考慮しています。
    負の誘電率を示す可視光帯における金、銀、銅をシミュレーションした解析事例がありますのでご参照ください。
    https://www.kagiken.co.jp/analysis-keyfdtd/archives/30

  • expand_lessQ)ナノ構造からの散乱スペクトルや光消滅スペクトル等を得ることができますか?

    A)散乱スペクトルは波長を徐々に変えて、散乱光の強度や、位相を計算することが可能です。 もちろん、減衰のスペクトルも計算できます。

  • expand_lessQ)貴金属ナノ粒子の局在プラズモン共鳴による電場分布を計算できますか?

    A)可能です。中空銀ナノ粒子の局在プラズモン共鳴をシミュレーションした解析事例がありますのでご参照ください。
    https://www.kagiken.co.jp/analysis-keyfdtd/archives/30

  • expand_less Q)FDTDの特徴は、FEMと比べた場合どのような所にありますか?

    A)FDTD法の特徴は、過渡現象を可視化できることにあります。 そのため、解析中に何も表示されず、長時間計算した後、誤った結果が表示されるといったことはありません。また、FDTD法は陽的な方法なので、特に、開放領域での散乱問題等に威力を発揮します。

  • expand_less Q)KeyFDTDの特徴は何ですか?

    A)FDTD法の特徴は過渡現象を可視化できる事です。KeyFDTDは、特に解析中の結果をリアルタイムに可視化をする事に重点を置いて開発されたソフトウェアです。モデル作成から、計算開始~計算終了、結果の描画までをビジュアルで行うことが可能です。

  • expand_less Q)KeyFDTDと他社品でシミュレーション精度に違いはないでしょうか?

    A)FDTD法を使用している製品でしたら精度は同じです。

  • expand_less Q)これまで理論だけでやって来て市販ソフトを使ったことがありません。KeyFDTDを使いこなせるでしょうか?

    A)KeyFDTDはビジュアルに操作できますので、これまで市販ソフトを使ったことのない方でもご使用になれます。

  • expand_less Q)実際にモニタリングできる変数を教えてください。

    A)次の変数を表示することが可能です。 E:電界、 H:磁界、 S:ポインティングベクトル、 L:比吸収率、 I:電流
    Ex,Ey,Ezのようにそれぞれの軸方向の成分も表示できます。また、複素振幅表示や、振幅位相表示が可能です。

 

■ PC環境
  • expand_less Q)PCのスペックは何により決まりますか?

    A)プロセッサの性能は解析速度に、メモリの容量は解析可能な規模に比例します。 メモリを16GB以上搭載すると複数の解析を同時に実行しやすくなります。

  • expand_less Q)計算速度を上げるにはどうすれば良いですか?

    A)FDTD法では、計算速度にプロセッサのクロック周波数とメモリのバンド幅が大きく影響します。 搭載メモリが大きい場合はスレッド数が多いプロセッサを選択すると複数同時解析時の解析速度低下が抑えられます。

  • expand_less Q)OSは32bit版と64bit版はどちらにすればいいですか?

    A)KeyFDTDは64bit版で動作します。32bit版はメモリ限界など多くの制約があるため原則提供いたしません。

 

■ KeyFDTDパッケージについて
  • expand_less Q)KeyFDTDパッケージにはなにが含まれますか?

    A)KeyFDTDパッケージは、モデリングソフトKeyModel、FDTDソルバー、データ可視化ソフトKeyPlotが一体になっており、90万円(+消費税)の標準モジュールのみで全てを含んでおります。 また、特殊なオブジェクトについては、有償のカスタマイズにて対応させて頂くことも可能ですので、必要な機能をご提示頂ければ、オプションではなく、カスタマイズとしてご提案させていただきます。

  • expand_less Q)ユーザーサポートの内容について教えてください。

    ユーザーサポートの内容は、最新プログラムの提供、講習会の無料参加、メールによる解析の質問対応、お客様相談室のご利用、ソフトウェア使用環境の変更などです。

  • expand_less Q)年間保守契約は継続して加入する必要がありますか?

    A)KeyFDTDは新バージョンの無償提供や、FAQ、マシン変更などに必要となりますので、ご継続をお願いいたします。

その他のFAQはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード