1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

会社案内

社長挨拶

新年度を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。

春は、桜が咲き、ツツジが咲き、藤や、マーガレットなどが咲き誇る百花繚乱の季節です。ですが、なぜか世の中には暗いニュースばかりが流れます。その現象は今日に限定されるものではなく、昔も同様に暗いニュースが流れていました。どうして、日本(?)では毎日暗いニュースばかりが伝えられるのでしょうか。中には明るく楽しい話題が多数あるはずなのに、たまに出る明るい話題といえば、パンダのことだったりで。だから、ニュースで伝えられるような、今の世の中は暗くて悪い、と時代のせいにすることはせず、人々は毎日を実りあるものにしようと本能的に知っています。

暗いニュースが流れようが、辛い状況に置かれようが、人々は昨日と変わらぬ生活をしています。たとえ、大事故が起ころうが、病気が流行ろうが、戦が始まろうが、平時と変わらず過ごしていますが、後日、その時代を振り返った時、その当時の人がどのように過ごしていたかを検証しようとしたら、単に平時と変わらず一日一日を淡々と過ごしていたと言えるでしょう。

かぎけんのミッション

弊社 株式会社科学技術研究所(略称:かぎけん)も、仕事は「明るく楽しくのびのびと、効率的に」をモットーに、毎日元気に働いています。何が起ころうと、日々の生活は続き、将来につながるのだから、毎日一生懸命に努力して世の役に立てるよう研鑽しています。

お陰様で、弊社は、昨年12月に23年目を迎えました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝しております

かぎけんのミッションは、かぎけん宣言で発した以下のことです。

「科学技術を研究し、人・社会・世界のために役立て、同時に広く紹介することで、人の好奇心を満たし、人々の発展に寄与するよう最大限度の活動を行う」

かぎけんの業務

本趣旨に則り、弊社はこれまで、科学技術系ソフトウェア分野では、電磁波解析ソフトKeyFDTDや、熱流体解析ソフトKeyFlowの自社開発や、それらを用いた複雑系の科学技術問題の解析・解明を行っています。

受託開発ソフト開発では、ESICB様(実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点)からご依頼頂いた「xTunes」(詳細かつ高速度に処理する新しいXAS解析ソフトウェア)の開発などを行いました
データベース構築では、誘電率・透磁率データベースというWEB-DBを構築しフリーで公開しております。

技術系フリーソフトウェアでは、「1次元電磁波解析ソフトKeyFDTDちゃん」や、「2次元グラフプロットツールKeyGraph」、「データ読取ソフトKeyScanちゃん」を公開しております。

出版物は、かぎけん出版から「科学技術研究書」1,2,3や、「ワイは誰でっしゃろ?」という一般の方向けの書籍刊行をいたしました

人の好奇心を満たすでは、各種WEB図鑑や、息抜きページや、かぎけん花図鑑や、木の実・草の実図鑑等の各種図鑑や、ブログを発信するとともに、この度、出版物「ワイは誰でっしゃろ?」のWEB版をフリーでお読み頂けるようにいたしました。是非、お楽しみ頂ければ、幸いでございます

働き方改革では、テレワークや、オンライン面談、オンライン会議のノウハウが社内に定着し、お客様に魅力ある技術サービスをご提供できるようになりました。技術に関する問題やお悩みがございましたらぜひご相談ください

新スタッフたちも張り切って皆様のお越しをお待ちしておりますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

文末に当たり、皆様の今後のさらなるご成功、ご繁栄をお祈りいたします。

2022年4月1日 
株式会社 科学技術研究所 代表取締役社長 柳下瑞穂