株式会社 科学技術研究所
ホーム > 電磁波解析事例 > マイクロ波加熱 > SiCバルクの焼成
SiCバルクの焼成

加熱量とエネルギーの流れを図化処理したものベクトル(→)がSiCの中に入って行って赤い部分でぶつかって加熱されている事が一目瞭然です。
なお、SiCは表面摩擦が小さく、表面張力が大きいのでミドルエンド以上の釣り竿の糸を通すガイドに使用されています。
糸が接する所のプリッとした感じの材料はSiCです。但し割と製造コストがかかるので安い釣り竿にはついていません。

SiCバルク焼成の解析モデル

SiCバルク焼成の解析モデル

TE102共振器でSiCバルクを焼成するシミュレーションの途中結果

TE102共振器でSiCバルクを焼成するシミュレーションの途中結果

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード