ホーム > 熱・流体解析事例 > 園芸施設/植物工場 > 植物工場の熱解析

植物工場の熱解析

植物工場の熱解析を熱流体解析ソフトウェアKeyFlowを用いて行いました。
ここでは、3列4段の栽培棚を持つ人工光型植物工場の内部の熱流体解析結果のみを掲載します。
解析条件やモデル等の詳細はPDFを御覧ください。

PDF:植物工場の熱解析(科学技術研究書より抜粋、2013年2月1日発行)

青(293K) 緑(298K) 赤(303K)
左側:定植側 右側:収穫側

1段目(高さ725[mm])

1段目(高さ725[mm])

2段目(高さ1225[mm])

2段目(高さ1225[mm])

3段目(高さ1725[mm])

3段目(高さ1725[mm])

4段目(高さ2225[mm])

4段目(高さ2225[mm])

高い位置の棚で高温となり、低い位置にある棚で低温となっています。 これは加熱された空気が上に溜まるためで予想された結果です。 また、葉密度の高い収穫側(図内右側)で温度が高い傾向にあることもわかります。

PDF:植物工場の熱解析(科学技術研究書より抜粋、2013年2月1日発行)

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード