株式会社 科学技術研究所
ホーム > 熱・流体解析事例 > 連成解析 > 電磁波-熱流体連成解析への取り組み
電磁波-熱流体連成解析への取り組み

電磁波-熱流体解析ソフトの開発の一環で、これまでコロケーテッド格子を用いていたKeyFlowをスタガート格子で求解するように変更しました。 本例は、流れの中に球がある場合の流体解析であり、今回の改良で圧力が非常に滑らかに得られるようになりました。

流速図

流速図

圧力図

圧力図

ベクトル図

ベクトル図

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード