1. HOME
  2. ブログ
  3. かぎけん図鑑
  4. かぎけん花図鑑
  5. 忍ぶ恋😥😟🥹万葉集草木117.紅花

ブログ

かぎけん花図鑑

忍ぶ恋😥😟🥹万葉集草木117.紅花

ベニバナ(紅花、学名:Carthamus tinctorius)はエチオピア原産で、キク科ベニバナ属の一年草です。日本へは飛鳥時代に渡来したとされます。日本では山形県が紅花の産地です。ベニバナ油(Safflower Oil)を採るためや、赤い染料やルージュに使われます。万葉名では紅(くれない)や末摘花(すえつむはな)で詠まれています。花言葉は、「化粧」や「装い」です。

万葉集とベニバナ

万葉集に紅(くれない)、末摘花(すえつむはな)と言う名前で出ています。

万葉集 第10巻 1993番歌

作者:不詳
題詞:寄花
登場する草木:紅、末採花(べにばな)

原文

外耳 見筒戀牟 紅乃 末採花之 色不出友

読み

外(よそ)(の)耳(みに) 見筒(つつ)戀(恋ひ)牟(なむ) 紅乃(の) 末採花(末摘花)之(の) 色(に)不出(出でず)友(とも)
↓
外(よそ)のみに 見つつ恋ひなむ 紅の 末摘花の 色に出でずとも

意味

遠くから 見ながらの恋にしよう 赤い べにばな(末摘花)の(ような) 色が出なくても。

忍ぶ恋。

詳しくはこちら … 以下本文に続く

■関連ページ
忍ぶ恋😥😟🥹万葉集草木117.紅花 かぎけん花図鑑 花日記2023年4月14日  
特集 万葉集でよまれた草木

関連記事