ホーム > KeyFDTD > KeyFDTDとは

電磁波解析パッケージKeyFDTDとは

 
MothEye構造の電磁波解析モデル
MothEye構造の解析結果
MothEye構造の解析結果をグラフ化(1次元抽出)
付属ツールによるポストプロセッシング

電磁波解析パッケージKeyFDTDでは、 FDTD法を用いて解析結果をリアルタイムに可視化しながら解析を行うことが出来ます。 本パッケージには、ソルバー(KeyFDTD)・モデラー(KeyModel)・可視化(KeyPlot)の3製品がセットになっています。

テラヘルツ、ナノ素材、フォトニック結晶、マイクロ波加熱、アンテナ、プラズモン、レンズ、近接場光、導波管など様々な分野の電磁波解析が可能です。 シンプルな操作で電磁波解析に詳しくない方でも使いこなすことができ、同時に充実した機能で解析を専門に行っている方にも満足していただけます。 自社開発ソフトですので開発技術者が直接サポートを行い、必要に応じてユーザー専用のカスタマイズされた電磁波解析ソフトウェアの提供も可能です(有償)。

■ KeyFDTDの特徴
  • expand_less国産ソフト(日本語完全対応)

    日本国内の開発元・開発者によるので、GUI、マニュアル、解析事例などの文書が全て日本語です。日本人の開発者・技術斜が直接サポートします。

  • expand_less機能の一体化

    モデル作成〜解析〜結果出力までが一つの統合されたプログラムで完結します。また、操作性にも統一感があります。

  • expand_less解析中のリアルタイム結果表示

    解析中に結果をリアルタイムに見ながら電磁波解析ができます。現象が非常に理解しやすいうえに、長時間待って得られた結果が思わしくないというのはKeyFDTDでは起こりません。

  • expand_lessCADの3次元データを用いた解析が可能

    複数の*.dxfまたは*.stlフォーマットの3次元CADデータをインポートし解析モデルを作成できます。

  • expand_lessリーズナブルな価格

    本パッケージでモデル化→解析→図化処理まで全てを行えます。

  • expand_less充実したオプションプログラム

    出力した電磁波解析結果を用いて温度解析を行う温度解析プログラムやファイルに含まれるデータを用いて各種の演算を行うプログラムなどのオプションが充実しています。

  • expand_lessご満足頂くための技術サポート強化

    科学技術研究所はお客様にご満足頂くために解決したい問題がありましたらご連絡頂ければ問題解決のお手伝いをいたします。万一、何か問題がありましたら、速やかに弊社まで

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード