ホーム > KeyPlot > KeyPlotとは

データ可視化ソフトウェアKeyPlot

 
電界成分の可視化(コンター描画機能)
電界成分の動きを可視化(流線機能)
CADで描かれた車のモデルをインポート
■ KeyPlotの基本機能

KeyPlotは2次元、3次元の数値解析データのポストプロセッシングに便利なソフトウェアです。
主に以下の機能を利用できます。

  • expand_less描画機能

    コンター、ラインコンター、ベクトル、流線について同時に複数の種類の描画が可能です。
    さらに複数面について同時に描画することも可能です。

  • expand_lessグラフ描画機能

    解析領域から1次元領域を指定してデータ抽出、可視化が出来ます。
    可視化では点・線グラフのプロット、複数系列のデータプロット、各種グラフプロパティの設定ができます。

  • expand_lessデータ処理機能

    指定点のデータ抽出(スポイト)、表示画像の保存、CADデータのインポート、
    グラフ画像の保存及び印刷、抽出したプロットデータのCSV保存ができます。

■ KeyPlotの特徴

KeyPlotは以下の3つの特徴があります。

  • expand_less汎用的な3次元データフォーマットに対応

    KeyPlotは正規直交格子座標系の3次元データフォーマットtecファイル形式に対応しています。

  • expand_less快適な操作性

    KeyPlotはフラットデザインを採用しています。
    フラットデザインは操作エフェクトを減らし、すっきりとした画面構成にすることで、長時間の操作におけるユーザーの負荷を抑えます。
    また初心者にも扱いやすいインターフェースを実現しました。

  • expand_less解析モデルとの同時可視化

    KeyModelによるプリプロセッシング⇒自作ソルバーによる解析⇒KeyPlotによるポストプロセッシング
    と組み合わせて利用した場合、モデル形状と解析結果を重ねて表示できます。

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード